メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

芥川・直木賞贈呈式 山下さん、感謝の一礼 恩田さん「未知の世界へ」

スマートフォンのメモを見ながら受賞の喜びを語る山下澄人さん

 第156回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が先月、東京都内のホテルであった。芥川賞は山下澄人さん(51)の「しんせかい」(『新潮』2016年7月号)、直木賞は恩田陸さん(52)の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が受賞し、正賞の時計と副賞100万円が贈られた。

 あいさつで山下さんは「僕も(自作について)選評を書いてきました」と切り出し、スマートフォンのメモを見ながら「面白いような気もするが、うーん、うーん、芥川賞には推さない」と読み上げて笑わ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです