メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JASRACを提訴へ…音楽教室使用でヤマハ

=iStock

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、ピアノなどの音楽教室での演奏について、著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、最大手のヤマハ音楽振興会は、支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。

 JASRACは来年1月から、演奏権に伴う著作権料を年間受講料収入の2.5%とする案を提示し、7月にも文化庁に徴収の規定を提出する予定。一方、音楽教室側は2月、JASRACの動きに反発し「音楽教育を守る会」を結成、「教育目的であり、演奏権の範囲は及ばない」と主張している。

 今月30日の総会で、ヤマハは他の音楽教室に訴訟の原告団に加わるよう呼び掛ける。複数社が参加を検討しており、JASRACの動きがあり次第、提訴の準備を進めるという。

 提訴の方針について、ヤマハは「著作権料の条件闘争でなく、あくまで支払う必要がないことを明確にするため」としている。【最上聡】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法科大学院 立教大と桐蔭横浜大が募集停止を公表
  2. 吉本新喜劇 初の女性座長…30歳の最年少、酒井藍さん
  3. 福岡・筥崎宮 「放生会おはじき」販売中止
  4. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
  5. 政府要人 「個人の見解」なら、何を言っても許されるのか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]