メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~13~ 初来日のキリル・ペトレンコを聴いて

盛大な拍手とブラボーの歓声に応えるペトレンコ(C)Kiyonori Hasegawa

山田治生

 キリル・ペトレンコが初来日した。現在音楽総監督を務めるバイエルン州立歌劇場の日本公演で「タンホイザー」を指揮するためである。次期ベルリン・フィル首席指揮者兼芸術監督に指名され、ペトレンコは世界で最も注目される指揮者の一人となった。しかし、これまで、メジャーレーベルと契約することもなく(したがってCDの数も少ない)、日本にも来なかった彼を、日本の音楽ファンは、ベールに包まれた世界的マエストロと認識していた。

 キリル・ペトレンコは、1972年、ロシアのオムスク生まれ。90年に音楽家である家族とともにオースト…

この記事は有料記事です。

残り2844文字(全文3104文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです