メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地に癒やしの調べ

表現活動を未来へのブリッジに――震災を通じて人の思いを紡ぐ「せんだい3.11メモリアル交流館」――

復興メモリアルコンサートでの後藤優子さん(左)と田村聡子さん

 この夏、仙台市東部にある「せんだい3.11メモリアル交流館」(以下、交流館)に足を運んだ。音楽の力による復興センター・東北と仙台市が企画する「復興メモリアルコンサート」が行われるためだ。2017年度は5、7、9、11、1月の各11日に行われるこのコンサート、9月を除いて今回の会場で行われる背景には、「被災地により近い荒井で開催することで、この地へたくさんの人に足を運んでほしい」(復興センター・千田祥子さん)という思いがあるという。この日は周辺だけでなく、沿岸部や市内中心部から60人ほどが聴きに来ていただろうか。仙台在住のメゾソプラノ歌手・後藤優子さんとピアニストの田村聡子さんがオペラのアリアや童謡を披露し、終盤には聴きに来た人々と共に「たなばたさま」や「浜辺の歌」を歌うなど、和やかな雰囲気に笑顔も見えた。

 交流館は2015年に開業した地下鉄東西線の荒井駅構内にあり、その荒井駅は仙台駅から地下鉄で13分ほ…

この記事は有料記事です。

残り1997文字(全文2406文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです