メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

新旧の大劇場を擁する「オペラ座」の代名詞~パリ、オペラ座

旧オペラ座の正面

 なんて素晴らしい建物。あのなかに入ってみたい。

 建物を見てそんな誘惑にかられるオペラハウスのトップといえば、「パリ、オペラ座」だろう。花の都パリのど真ん中、「オペラ通り」の突き当たりにそびえる華麗な宮殿のような大建築が、それだ。人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の舞台になった劇場でもある。

 正確にはこの建物は、ふたつある「パリ、オペラ座」のうちの古い方にあたる。なので一般には「旧オペラ座」とか、建築家であるシャルル・ガルニエの名前をとって「ガルニエ宮」Palais Garnierなどと呼ばれている。

この記事は有料記事です。

残り6349文字(全文6604文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]