メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

新旧の大劇場を擁する「オペラ座」の代名詞~パリ、オペラ座

旧オペラ座の正面

 なんて素晴らしい建物。あのなかに入ってみたい。

 建物を見てそんな誘惑にかられるオペラハウスのトップといえば、「パリ、オペラ座」だろう。花の都パリのど真ん中、「オペラ通り」の突き当たりにそびえる華麗な宮殿のような大建築が、それだ。人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の舞台になった劇場でもある。

 正確にはこの建物は、ふたつある「パリ、オペラ座」のうちの古い方にあたる。なので一般には「旧オペラ座」とか、建築家であるシャルル・ガルニエの名前をとって「ガルニエ宮」Palais Garnierなどと呼ばれている。

この記事は有料記事です。

残り6349文字(全文6604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです