メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

新旧の大劇場を擁する「オペラ座」の代名詞~パリ、オペラ座

旧オペラ座の正面

 なんて素晴らしい建物。あのなかに入ってみたい。

 建物を見てそんな誘惑にかられるオペラハウスのトップといえば、「パリ、オペラ座」だろう。花の都パリのど真ん中、「オペラ通り」の突き当たりにそびえる華麗な宮殿のような大建築が、それだ。人気ミュージカル「オペラ座の怪人」の舞台になった劇場でもある。

 正確にはこの建物は、ふたつある「パリ、オペラ座」のうちの古い方にあたる。なので一般には「旧オペラ座」とか、建築家であるシャルル・ガルニエの名前をとって「ガルニエ宮」Palais Garnierなどと呼ばれている。

この記事は有料記事です。

残り6349文字(全文6604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです