メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

映像と音楽のいい関係~プロコフィエフを聴いて

セルゲイ・プロコフィエフ

 俗に「いい夫婦の日」に当たった11月22日、NHK交響楽団の第1872回定期公演に足を運んだ。場所は東京・港区のサントリーホール。北オセチア出身の指揮者トゥガン・ソヒエフ(40)自身が「小さなプロコフィエフ・フェスティバル」と表現したユニークなコンサートを堪能した。

 セルゲイ・プロコフィエフと言えば、20世紀ロシア(旧ソ連)を代表する作曲家。ソフトバンクのCMでも使われたバレエ音楽「ロメオとジュリエット」(組曲2番)の「モンタギュー家とキャピュレット家」(1936年)や交響的物語「ピーターと狼(おおかみ)」(同年)などが有名だが、22日夜は組曲「キージェ中尉」、スキタイ組曲「アラとロリー」、そして交響曲第7番「青春」というプログラム。恥ずかしながら筆者にとってなじみの薄い3作品だったが、それだけに新鮮に聴けた。

 とりわけ「キージェ中尉」は現在のベラルーシ・フィルムの依頼でプロコフィエフが33年に手掛けた映画音…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1405文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 関東大震災 体験談伝える 地割れ、津波…「怖さ忘れない」 /神奈川

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです