メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~15~ 2017年を振り返って……プログラミングの充実と若手指揮者や新コンビの初来日

ノット=写真提供:東京交響楽団(C)池上直哉

山田治生

 12月ということで、今年のオーケストラ界を振り返ろうと思う。まずは日本のオーケストラから。今、在京オーケストラは、パーヴォ・ヤルヴィ、ジョナサン・ノット、大野和士、上岡敏之ら、世界で活躍する中堅指揮者たちがシェフを務め、とても面白いことになっている。特に定期演奏会では凝ったプログラムが組まれ、聴き手が啓発されることも多い。

この記事は有料記事です。

残り3599文字(全文3767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです