メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~15~ 2017年を振り返って……プログラミングの充実と若手指揮者や新コンビの初来日

ノット=写真提供:東京交響楽団(C)池上直哉

山田治生

 12月ということで、今年のオーケストラ界を振り返ろうと思う。まずは日本のオーケストラから。今、在京オーケストラは、パーヴォ・ヤルヴィ、ジョナサン・ノット、大野和士、上岡敏之ら、世界で活躍する中堅指揮者たちがシェフを務め、とても面白いことになっている。特に定期演奏会では凝ったプログラムが組まれ、聴き手が啓発されることも多い。

この記事は有料記事です。

残り3599文字(全文3767文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  3. 殺人 練炭自殺偽装し弟殺害 容疑の姉逮捕 会社後継トラブル 堺
  4. 訃報 B・V・ベイダー氏 63歳・プロレスラー
  5. サッカー日本代表 補欠の浅野が離脱 経験者の香川が激励

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]