メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~16~ 没後100周年のドビュッシーをオーケストラで

クロード・ドビュッシー

山田治生

 これまでに本連載で2018年がレナード・バーンスタインの生誕100周年であることについては何度か述べてきたが、今年はクロード・ドビュッシーの没後100周年でもある。

 ドビュッシーは、ラヴェルとともに、フランス近代を代表する作曲家である。印象主義音楽の開拓者と呼ばれることもあるが、彼自身は印象主義に分類されることを嫌ったという。自らを「フランスの音楽家」と語っていたドビュッシーは、ドイツ的なソナタ形式や楽器の使い方とは違う、独自の形式や楽器使用法を編み出し、独創的な和声法や管弦楽法で、近現代音楽の扉を開けたのであった。

この記事は有料記事です。

残り2911文字(全文3178文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです