メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~16~ 没後100周年のドビュッシーをオーケストラで

クロード・ドビュッシー

山田治生

 これまでに本連載で2018年がレナード・バーンスタインの生誕100周年であることについては何度か述べてきたが、今年はクロード・ドビュッシーの没後100周年でもある。

 ドビュッシーは、ラヴェルとともに、フランス近代を代表する作曲家である。印象主義音楽の開拓者と呼ばれることもあるが、彼自身は印象主義に分類されることを嫌ったという。自らを「フランスの音楽家」と語っていたドビュッシーは、ドイツ的なソナタ形式や楽器の使い方とは違う、独自の形式や楽器使用法を編み出し、独創的な和声法や管弦楽法で、近現代音楽の扉を開けたのであった。

この記事は有料記事です。

残り2911文字(全文3178文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]