メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~17~ バーンスタイン生誕100年、国内で注目の演奏

東京世界音楽祭で公演するニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団。指揮はレナード・バーンスタイン=東京都内で1961年4月

山田治生

 レナード・バーンスタイン生誕100周年のメモリアルイヤーが、1月の五嶋龍&広上淳一指揮NHK交響楽団による「セレナード」と小曽根真&山田和樹指揮日本フィルによる交響曲第2番「不安の時代」で華やかに始まった。バーンスタインが亡くなったとき、指揮者としての彼の名前は残るだろうが彼の作品が演奏され続けるかどうかについては疑問だという人が多かった。しかし、それから四半世紀以上がたった今、彼の、指揮者としてよりも、むしろ作曲家としての存在感が高まっている。

 バーンスタインの生誕100年を祝う世界のオーケストラの動きについては昨年6月の本連載で取り上げたの…

この記事は有料記事です。

残り3195文字(全文3476文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]