メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽プロデューサーの「時には昔の話を」

<1>巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンとの〝事件〟のような遭遇

ベルリン・フィルハーモニーを指揮するカラヤン=東京文化会館で1966年4月12日

篠原良

 ユニバーサル・ミュージックでクラシック音楽部門のプロデューサー/ディレクターとして活躍し、世界的な巨匠の至芸や庄司紗矢香、五嶋龍ら若手アーティストの才能を日本の音楽ファンに紹介してきた篠原良氏。国内外の多くのアーティストから厚い信頼を寄せられ、その交流は多岐にわたる。そんな篠原氏にアーティストとの思い出を振り返ってもらう新連載「音楽プロデューサーの 時には昔の話を」がスタートします。「時には昔話を」とは、かつて担当していた歌手・加藤登紀子と一緒に制作した作品の題名であるという。最初の〝昔話〟は、20世紀の巨匠指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンとの初対面のほろ苦い思い出について。

 私がクラシック部門へ異動したのは、1987年のことでした。それまでのレコーディング・ディレクター(…

この記事は有料記事です。

残り3237文字(全文3584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです