メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 地図を描く前の大きな地球儀のような、白い球体が宙に浮かんでいる。球体の上半分は天空から光を浴びて、輝いている。

 長い数本のロープで地上につなぎ留められているが、ロープがなくとも球体が飛んでいってしまうとは思えない。空に上がり切らず、しかし地にも落ちない。バルーン(気球)にも見えるが、あるいは宙に浮かんでいる光の幻影だろうか。

 画家、野又穫の新作展を飾る油絵13点は、いずれもこの球体が描かれている。並んで二つ浮かんでいるもの…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1067文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです