メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(44)ソ連の仕事Ⅶ 伝説のピアニスト・リヒテル②

1970年10月、初来日の演奏旅行中、新潟のホテルでリヒテルと=村上氏提供

「あなたのヤマハを弾く」

 1970年8月31日午後3時、スヴャトスラフ・リヒテルを乗せたソ連の客船オルジョニキーゼ号が大阪港に入港した。飛行機嫌いのリヒテルは8月10日にシベリア鉄道でモスクワを出発し、途中のオムスク、イルクーツクやハバロフスクなどで演奏会を開き、ナホトカから乗船。計3週間の長旅を経ての初来日だった。妻とともにデッキに姿を現したリヒテルは、出迎えにきた関係者の中に、信頼する日本人調律師の姿を見つけて、安心したようににっこりとほほえんだ。ヤマハのピアノ調律師、村上輝久(88)である。

 村上は、本場で技術を磨くために66年に渡欧。67年、公式調律師として招かれた南仏のマントン音楽祭で…

この記事は有料記事です。

残り3126文字(全文3427文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです