メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

音楽によるドラマを創造したドニゼッティとベルカントを踏襲したヴェルディ チューリヒの「マリーア・ストゥアルダ」と「ルイーザ・ミラー」を見くらべて

ロベルト(ブレスリク)とエリザベッタ(ファルノッキア) Monika Rittershaus

 ガエターノ・ドニゼッティ(1797~1848年)とジュゼッペ・ヴェルディ(1813~1901年)。生年に16年の開きがあるこの2人の作曲家を、耳に心地よいメロディーを優先し、ドラマとしては無内容なオペラを粗製乱造した先輩と、そんなイタリア・オペラを音楽による深い人間ドラマへと昇華させた後輩、と捉えるむきが、いまなお少なくない。しかし、現実には、ドニゼッティは歌唱重視だったオペラを、劇性を強調する方向へと転換し、ヴェルディはドニゼッティの音楽と志向から大きく影響を受けていた。

 歴史はいつも、真っすぐには進んでいかない。後輩は試行錯誤しながらも、前へ前へと歩を進めようとするが…

この記事は有料記事です。

残り4530文字(全文4820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです