メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

インタビューでつづる没後150年のロッシーニ・オペラ・フェスティバル② テノールたちの華やぎ、「アディーナ」のマジック

「リッチャルドとゾライデ」より、リッチャルドを歌うフアン・ディエゴ・フローレス (C)Amati Bacciardi

香原斗志

 8月、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティバル(ROF)で上演された「リッチャルドとゾライデ」でのフアン・ディエゴ・フローレスの歌唱が、非の打ちどころがなかった旨は前回述べた。2年前、同じROFで歌った「湖の女(湖上の美人)」のジャコモ5世は、やわらかさも高音の輝きも若干あせていたように感じたが、今年の彼の歌は柔軟で輝いていた。

 近年、ドニゼッティやヴェルディ、マスネやグノーなどにレパートリーを広げているフローレスだが、今もロ…

この記事は有料記事です。

残り3174文字(全文3397文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 空き家や空き店舗を「学生寮」に 山形市、街の活性化へ
  3. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 山梨学院VS札幌第一 強力打線同士で打撃戦か センバツ第3日の見どころ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです