メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

国境の街の瀟洒な劇場〜ストラスブール歌劇場(フランス国立ラン歌劇場)

夜空に浮かぶストラスブール歌劇場

 それと知らずに、歴史の現場にいた。

 旅をしていると、そういうことがよくある。

 その場で気付けばいいのだが、街を離れてから思い出すこともしょっちゅうだ。頭の隅でかちゃりと音がする。鍵穴に鍵をさしこんで、ぴたりと合ったときの音。ああ、あの場所は、あの時のあそこだった!

 ごく最近そんな経験をしたのが、ストラスブールだった。

 時は1770年。オーストリア皇女マリー・アントワネットが、フランス国王ルイ16世にお嫁入りした時の…

この記事は有料記事です。

残り3290文字(全文3500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです