メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

  • ティーレマンはオペラがお好き

     あれは2012年10月22日の夜のこと。NHK音楽祭にクリスティアン・ティーレマンがシュターツカペレ・ドレスデンを率いて来日し、ブラームスの交響曲を3番、1番…

  • 「オンブラ・マイ・フ」が奏でるドラマ

     リオデジャネイロ五輪とともに〝熱い夏〟も過ぎ去り、日増しに秋の気配が色濃くなってきた。年の巡りは早いもので、映画賞によってはそろそろ選考が本格化する季節に突入…

  • 古希を超えても若々しいバレンボイム

     15分、いや20分はゆうに続いた。マエストロ当人が制しなければ、まだまだ拍手は鳴り止まなかっただろう。  2月20日土曜日の東京・サントリーホール。…

  • マズアが……ブーレーズが逝った

     年明け早々の1月5日、フランスの作曲家で指揮者としても活躍したピエール・ブーレーズの悲報が飛び込んできた。90歳の大往生だった。  作曲家として「ピアノ・ソナ…

  • 「題名」5代目五嶋龍 いまや立派な好青年

     1964年の放送開始から半世紀を超える長寿音楽番組「題名のない音楽会」(テレビ朝日)の司会者が、指揮者の佐渡裕(54)からバイオリニストの五嶋龍(27)に代わ…

  • ハイティンクとコンセルトヘボウ

     NHK音楽祭2015が開催中だ。13回目の今年は「極上のオーケストラ・サウンド−−真価を発揮する指揮者たち−−」と銘打ち、名門オケから芳醇(ほうじゅん)なサウ…

  • パーヴォ・ヤルヴィ N響への期待

     パーヴォ・ヤルヴィ(52)が9月にNHK交響楽団の首席指揮者に正式に就任する。2月8日に定期公演で振ったマーラーの「交響曲1番 巨人」がつい先ごろテレビで放映…

  • 吉永小百合 福島への思い

     2月24日の東京・サントリーホール。クリスティアン・ティーレマン指揮、ドレスデン州立歌劇場管弦楽団のコンサートに足を運ぶと、思わぬ人に出くわした。女優の吉永小…

  • 今から150年前

     ドレスデン州立歌劇場管弦楽団の来日公演を2月23、24の両日、東京・サントリーホールで聴いた。2012/13年シーズンから首席指揮者に就任したクリスティアン・…

  • 没後10年 レナータ・テバルディをしのぶ

     コンサートが目白押しの年末年始。残念ながら会場に足を運ぶことが出来ずにいて悔しい思いをしている。そこで中継放送を録画してお茶の間で楽しんでいるが、素人ながらい…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです