メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

  • 北方領土の日 交渉阻むロシアの強弁

     きょうは「北方領土の日」である。1855年に日露通好条約が締結され、択捉(えとろふ)島の北を日露国境と定めて両国の国交が始まった日だ。 また今年は、第二次世界…

    (2016年2月7日 02:15)

  • 大阪府警 証拠品への意識改めよ

     犯罪捜査に伴う証拠の管理が、長期間にわたり、これほどずさんに行われていたことに驚く。 大阪府警で、捜査書類や証拠品が警察署内の機械室やロッカーなどに放置され、…

    (2016年2月7日 02:15)

  • 難民の受け入れ 柔軟な審査で拡大図れ

     昨年1年間の難民認定者数(速報値)を法務省が公表した。認定者は前年より16人増の27人だった。 難民は、母国での迫害から逃れ、他国に保護を求める人たちである。…

    (2016年2月6日 02:54)

  • TPP署名 発効へ丁寧な議論を

     日米など12カ国が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に署名した。各国は議会承認など国内手続きを本格化させ、早期発効を目指す。 世界最大の自由貿易圏を形成す…

    (2016年2月6日 02:54)

  • 読書感想文 思考の扉を開け放とう

     ただひたすら学校を目指し、ただぼうっと家を目指す。そんな登下校が、この本に出会ってから「有意義な時間」と変わった−−。 千葉市立さつきが丘中学校1年、木村真恵…

    (2016年2月5日 02:31)

  • 原発の免震棟 九電の姿勢は信義違反

     九州電力は、原発の安全性確保に真剣に取り組もうとしているのだろうか。そんな疑念を抱かざるを得ない事態が起きている。 九電は、再稼働した川内原発1、2号機(鹿児…

    (2016年2月5日 02:31)

  • 卵子凍結 「これで安心」ではない

     独身の時に凍結保存した自分の卵子を使い、結婚後に出産したケースが明らかになった。この女性は41歳の時の凍結卵子を使ったが、加齢による卵子の老化に備え、若いうち…

    (2016年2月4日 03:01)

  • 北朝鮮発射予告 地域の危機を高めるな

     北朝鮮が「人工衛星打ち上げ」を予告した。事実上の長距離弾道ミサイル発射である。北朝鮮は、北東アジアの緊張を高める措置を強行してはならない。 北朝鮮が「水爆」と…

    (2016年2月4日 03:01)

  • 同一労働・賃金 非正規の底上げ前提に

     安倍晋三首相が1億総活躍社会を進めるために「同一労働同一賃金の実現に踏み込む」と意欲を示している。パートや派遣など非正規であっても正社員と同じ内容の仕事をして…

    (2016年2月3日 03:32)

社説を読み解く

あわせて読みたい

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです
毎日新聞のアカウント

のマークについて

話題の記事

編集部のオススメ記事