メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

  • トランプ新大統領 分断を世界に広げるな

     米国社会に走る断層の先端は海を越えて欧州やアジアにも届いているのか。いずれ世界は米国発の分断に直面するのではないか。 そんな暗い予感に襲われる。 ドナルド・ト…

    (2017年1月22日 02:27)

  • 長時間労働 春闘で改善につなげよ

     経団連は2017年春闘に向けた「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)で、長時間労働の改善を打ち出した。正社員の賃上げばかりが争点だったかつての春闘とは大…

    (2017年1月21日 03:13)

  • 国会開幕 変化に耐えうる議論を

     通常国会が召集された。2017年度当初予算案審議のほか、天皇陛下の退位のご意向を踏まえた法整備や、テロ対策に伴う「共謀罪」の法制化の議論などが焦点となる。 安…

    (2017年1月21日 03:13)

  • 東芝の巨額損失 経緯の解明が不可欠だ

     利益水増しの不正会計問題からの再建を進める東芝が、新たな危機に直面した。「子会社ウェスチングハウスによる米企業買収で損失が生じた」と昨年末に公表したが、その額…

    (2017年1月20日 02:57)

  • 天下りあっせん 全ての省庁で洗い直せ

     文部科学省の元高等教育局長(61)が早稲田大学に再就職する際、法で禁じられた「天下り」のあっせんを受けるなどしたという疑惑が浮上した。省内の組織的な関与も指摘…

    (2017年1月20日 02:57)

  • 英のEU離脱 対立の連鎖招かぬよう

     世界を驚かせた国民投票から半年以上経過し、英首相がようやく欧州連合(EU)離脱について詳細な方針を語った。中途半端な離脱ではなく、単一市場からの完全な撤退にな…

    (2017年1月19日 02:32)

  • 官邸と宮内庁 意思疎通は十分なのか

     天皇陛下の退位問題を巡り、首相官邸と宮内庁の間で認識の違いがあるのかもしれない。皇位継承という国と国民にとって重大な問題である。もしそうであるなら、心配だ。 …

    (2017年1月19日 02:32)

  • 育休延長法案 育メンにつながらない

     現在最長1年半となっている育児休業(育休)の期間を2年に延長する育児・介護休業法の改正案が通常国会に提出される予定だ。育休を終えても保育所が見つからない女性の…

    (2017年1月18日 02:34)

  • 豊洲市場 最悪の事態も考える時

     最大で基準値の79倍のベンゼンが検出されたというデータには驚く。 豊洲市場(東京都江東区)の地下水のモニタリング調査の結果だ。他にも、基準値の3・8倍のヒ素や…

    (2017年1月18日 02:34)

社説を読み解く

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中村蒼 一般女性と結婚!交際6年の記念日に婚姻届(スポニチ)
  2. ロッテリア 「コアラのマーチ焼」発売 中野店限定
  3. 文科省天下り 退職翌日に再就職 公務員法違反の可能性も
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 文科省 再就職紹介、利用ゼロ…独自ルートで天下り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです