メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

  • 日中外相会談 安定した対話の継続を

     岸田文雄外相がきのう北京で王毅外相と会談した。南シナ海を巡る主張は隔たったままだが、現状から悪化しないよう対話の流れを確実にすることが重要だ。安定的な日中関係…

    (2016年5月1日 02:58)

  • 視点 オバマ戦略 誰がISを育てたか=論説委員・布施広

     オバマ米大統領の中東・欧州歴訪で注目したのは、サウジアラビアのサルマン国王が4月20日、他の首脳を空港で出迎えながらオバマ大統領を出迎えなかったこと。同大統領…

    (2016年5月1日 02:58)

  • 「ひとみ」失敗 連鎖ミスの徹底究明を

     交信途絶が続いていたエックス線天文衛星「ひとみ」の運用を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が断念した。電力を供給する太陽光パネルが機体から全て外れており、機能…

    (2016年4月30日 02:43)

  • メーデー 「働く」をもっと考える

     連合系のメーデー中央大会がきのう、東京・代々木公園で開催された。「労働者の祭典」に、改めて働くことについて考えたい。 低賃金の非正規雇用が全体の4割になる一方…

    (2016年4月30日 02:43)

  • 観光立国 日本人も楽しまないと

     日本を訪れる外国人旅行者の数がぐんぐん伸びている。昨年は1974万人と、かつて政府が2020年の目標として掲げた2000万人に迫った。好調さを受けて引き上げら…

    (2016年4月29日 03:27)

  • 「0増6減」通過 身内の延命で決着とは

     迷走を続けた揚げ句に、「1票の格差」の是正に向けて衆院が出した結論は今回もまた、その場しのぎの対応策だった。 衆院の選挙制度改革について、小選挙区を当面、「0…

    (2016年4月29日 03:27)

  • 地震国と原発 常に用心深くありたい

     いつ、どこで、大きな地震が起きてもおかしくない。しかも、それを予測することはできない。熊本地震が突きつける地震大国・日本の現実である。 続けて起きた震度7、拡…

    (2016年4月28日 03:13)

  • 最高裁の謝罪 違憲判断をなぜ避けた

     「憲法の番人」が、憲法違反の裁判手続きをしていたかどうかが問題の核心だ。そこから逃げたと受け取られても仕方ない。 ハンセン病患者の刑事裁判などが長年、隔離施設…

    (2016年4月27日 03:14)

  • 五輪エンブレム 信頼を取り戻す契機に

     2020年東京五輪・パラリンピックのシンボルとなる公式エンブレムがようやく決まった。 模倣疑惑などの末に旧エンブレムが昨年9月に白紙撤回されてから約8カ月。再…

    (2016年4月27日 03:14)

社説を読み解く

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 竹島水族館 「超グソクムシ煎餅」販売好調 愛知・蒲郡
  2. 熊本地震 「危険」判定建物、東日本大震災上回る
  3. 熊本地震 介護職員130人不足 厚労省が派遣要請
  4. ルノー株主総会 ゴーン氏の報酬「高過ぎ」
  5. Listening <記者の目>埼玉・少年の祖父母刺殺事件=山寺香(さいたま支局)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです