メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

  • 人生タクシー

     ◇タクシー車内隠し撮り イラン社会を等身大に 思いっきり風変わりで、リアルで、温かい映画。劇映画なのかドキュメンタリーなのかも分からない。だってこれ、隠しカメ…

    (2017年4月17日 14:52)

  • LION/ライオン 25年目のただいま

     ◇多民族が共存する国でアイデンティティー探る 家族と生き別れた子どもが、大きくなってから、家族を捜し求めるというお話。お馴染(なじ)みのストーリーですが、舞台…

    (2017年4月10日 18:47)

  • ムーンライト

     ◇人生が苦しいからこそ わずかな幸福が輝く 人ひとりの姿を捉え、観客に伝える映画。言葉にすると簡単ですが、それができる作品はほとんどありません。「こういう人」…

    (2017年4月4日 17:19)

  • サラエヴォの銃声

     ◇ホテルに押し込めた希望なき三つの空間 ヨーロッパが大変なことになっています。イギリスの国民投票ではEU(欧州連合)離脱派が勝ち、他の国でも移民の排斥を訴える…

    (2017年3月27日 10:42)

  • わたしは、ダニエル・ブレイク

     ◇追い詰められる労働者 イギリスの現実描く イギリスというと、貴族やお金持ちの住む立派なお屋敷を連想します。映画なら「ハワーズ・エンド」とか「日の名残り」、テ…

    (2017年3月19日 19:18)

  • 汚れたミルク あるセールスマンの告発

     ◇現実と架空の接点を言葉一つで伝える パキスタンで粉ミルクを病院などに売り込むセールスマンが、乳幼児が死亡する事件に出合い、その粉ミルクを作る会社の告発に踏み…

    (2017年3月13日 17:53)

  • ラビング 愛という名前のふたり

     ◇人種の違い超えた結婚 認めぬ法律に挑む愛情 今年のアカデミー賞は、いつもと違いました。イランのファルハーディ監督が入国禁止の大統領令に抗議して授賞式をボイコ…

    (2017年3月7日 14:29)

  • ラ・ラ・ランド

     ◇シンプルなストーリー 歌と踊りで幸せに 本年度アカデミー賞の、最有力候補。これじゃまるで映画の宣伝文句ですが、ゴールデン・グローブ賞で作品、監督、脚本賞など…

    (2017年2月27日 14:15)

  • ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ

     ◇政治家のスキャンダル 自滅する人、しない人 ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領当選にはびっくりしました。ビジネスマン、そしてテレビショーの出演者として知名…

    (2017年2月20日 18:15)

  • たかが世界の終わり

     ◇沈黙から伝わる心の内 舞台劇に隠れた仕掛け グザヴィエ・ドランの新作。これがたいへんな人でして、まだ27歳なのに、2009年に発表された「マイ・マザー」から…

    (2017年2月13日 16:23)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 佳子さま英国のリーズ大に留学へ ICUの制度利用
  2. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
  3. 建造物侵入容疑 トイレ屋根裏「数年前から寝泊まり」男
  4. 著名人のぞき見容疑 女優の高畑充希さんら被害 
  5. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです