メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

  • 落語家・桂才賀さん

     ◇笑いの衣身につけ、家一軒分の慰問旅 秋の味覚の代表格、さんま。この季節、落語といえば「目黒のさんま」を思い浮かべる人も多いだろう。庶民の味と世間知らずのお殿…

    (2017年09月15日 15:07)

  • 俳優・三ツ木清隆さん

     ◇「光速」から「低速」へ 六分の力で自然体 そろそろ赤ちょうちんの灯が恋しいころ、中年にしてはやけにすらっとしたイケメンおやじが、うまそうな焼き鳥のにおいに誘…

    (2017年09月08日 15:12)

  • 漫画家・弘兼憲史さん

     ◇こだわり全くなし より自由に身軽に 漫画のあらすじを考える時は、喫茶店やファミリーレストランで一人になる。考えに詰まればあたりを観察し、想像をふくらませる。…

    (2017年09月01日 15:07)

  • 俳優・塩見三省さん

     ◇地を踏みしめて帰ってきた実感 夏の青空に、グレーのTシャツが映える。2013年、大ヒットしたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」に、喫茶店の片隅で黙々と琥珀…

    (2017年08月25日 15:11)

  • 俳優・イッセー尾形さん

     ◇矛盾詰まった人間 「一瞬」の極みで彫る 失礼ながら、実にフツーのおじさんである。 真夏の午後、待ち合わせたビルの谷間のカフェに汗をふきふき現れたその姿、街の…

    (2017年08月18日 15:10)

  • 女優・伊藤かずえさん

     ◇半世紀を祝ったら、迷いがなくなった どこか影のあるツッパリ少女「モナリザ」を演じたドラマ「不良少女とよばれて」(TBS系)でブレークした。当時、17歳。高校…

    (2017年08月04日 15:02)

  • 歌手・松村和子さん

     ◇韓国行きの夢導く 「帰ってこいよ」 東京・中野の音楽スタジオ。防音の重厚なドアを開けると、三味線を手にした松村和子さんが背筋をピンと伸ばして座っていた。相対…

    (2017年07月28日 15:03)

  • ロックシンガー・金子マリさん

     ◇歌と弔いは似通う 伝説なんてまだ先 東京・下北沢のライブハウス。この地で生まれ育ったロックシンガーは、長い髪を揺らしながらマイクの前に立ち、圧倒的なボーカル…

    (2017年07月21日 15:24)

  • タレント・高田純次さん

     ◇諦めぬ「負け好き」 次は悪役やりたい 東京・世田谷の東急等々力(とどろき)駅前。カメラに向かって、「きょうはこの近辺を徘徊(はいかい)しよ--あ、徘徊じゃな…

    (2017年07月14日 15:10)

  • 作家・丸山健二さん

     ◇15年で全集書く 枯淡?大嫌いだ 「『夕方から楽しく』? そりゃ、ぴったりだ、今の俺に。なんか、運命的な感じがするなあ。いろいろ結びついた、結晶したっていう…

    (2017年07月07日 15:25)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. O157 発症の総菜店が閉店
  2. 子ども食堂 参加条件「誰でも」8割 県が初調査、76カ所で活動を確認 県南部に多く活発 /埼玉
  3. メキシコ地震 「なぜ何度も災難に」32年前と同じ日に
  4. カップヌードル 話題の謎肉パック8時間で完売
  5. 聴覚障害 47歳、味に自信の串カツ開店 注文は紙に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです