メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

  • 水族館プロデューサー・中村元さん 制約乗り越えれば、新たな世界が開ける

     すいーっ、すいーっ。 目の前にそびえる高層マンションの間を縫うようにペンギンが泳ぎ回る。本物の空を飛び交っているかのようだ。一瞬、自分がどこにいるのか忘れてし…

    (2017年11月17日 15:04)

  • 野球指導者・村田兆治さん よーし構えてみろ 全力投球、引退なし

     嫌な予感はしていた。 撮影用に持参した野球の硬式ボールを手にしたとたん、プロ通算215勝の大投手の、鬼瓦のような顔に埋まる両目が、にわかにらんらんとしてきたか…

    (2017年11月10日 15:03)

  • アニメーション作家・鈴木伸一さん トキワ荘の友は宝、輝く笑顔広げたい

     なぜか気になる存在だった。人気漫画「オバケのQ太郎」などにさりげなく登場し、もじゃもじゃ頭でメガネをかけ、ラーメンをすすっていたあの人。ラーメン大好き「小池さ…

    (2017年10月27日 15:06)

  • 俳優・村野武範さん

     ◇「九十九死に一生」、青春再びビギン! 「余命はどれぐらいですかと医師に問うと、それは聞かない方がいいですね、と言うんです。痛くも何ともないから、ピンとこなか…

    (2017年10月20日 15:04)

  • ザ・ドリフターズ、仲本工事さん 「全員集合」は留年中、妻の成功祈る「親心」

     午後6時、住宅街の一角に、「やきとり」の赤ちょうちんがともる。通りに面した焼き台からのぞくと、店内は昭和を思わせるレトロな雰囲気だ。常連さんがそぞろ歩きでやっ…

    (2017年10月13日 15:19)

  • コメディアン・小松政夫さん

     ◇セリフしんどいが仕事あるから元気 ゆっくり近づいてくる自転車から、にこやかに手を振っている。「うまく撮れた?」。こちらが急きょお願いした自転車に乗っての撮影…

    (2017年10月06日 15:12)

  • リポーター・東海林のり子さん

     ◇バンド追っかけ30年 「母」は緩めに頭振る ど派手なメークに奇抜なヘアスタイル--。「ビジュアル系」と呼ばれるロックバンドが大好きで、30年近く、いろいろな…

    (2017年09月29日 15:08)

  • 歌人・穂村弘さん

     ◇「失明するかも」転機 今、90勝130敗くらい 高校のとき、友人たちと山に行った。その晩、いつになく興奮した友人のアキヒコが、間が悪いことにテントにチーズか…

    (2017年09月22日 15:12)

  • 落語家・桂才賀さん

     ◇笑いの衣身につけ、家一軒分の慰問旅 秋の味覚の代表格、さんま。この季節、落語といえば「目黒のさんま」を思い浮かべる人も多いだろう。庶民の味と世間知らずのお殿…

    (2017年09月15日 15:07)

  • 俳優・三ツ木清隆さん

     ◇「光速」から「低速」へ 六分の力で自然体 そろそろ赤ちょうちんの灯が恋しいころ、中年にしてはやけにすらっとしたイケメンおやじが、うまそうな焼き鳥のにおいに誘…

    (2017年09月08日 15:12)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  2. ORICON NEWS 和田正人&吉木りさが結婚発表 “いい夫婦の日”に婚姻届提出「笑顔のたえない家庭を」
  3. 阿波踊り 累積赤字4億3600万円 徳島市「収支改善、主催者に要請」 /徳島
  4. 日清食品 カップそば自主回収
  5. 牧太郎の大きな声では言えないが… 「いざなぎ超え」のうそ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです