メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EXPO‘70 大阪万博アーカイブ

 「人類の進歩と調和」をテーマに、1970年3月14日の開会式から半年間、日本万国博覧会(大阪万博)が開かれた。大阪・千里丘陵を造成した広大な会場に、趣向を凝らした国内外116のパビリオンが建ち並び、約6422万人が来場した。未来を意識した展示物はもちろん、連日のイベント、最先端のファッションを取り入れた各パビリオンのホステス(当時の呼称)らのユニホームなども話題になった。海外旅行が一般化する前、カルチャーショックを受けた日本人が世界観やライフスタイルを大きく変えるきっかけともなった。まさにお祭り騒ぎの半年間と開幕までの様子を写真で振り返る。

 開催地として立候補している2025年に2度目の大阪万博が開かれるかどうかは、2018年11月、博覧会国際事務局(BIE)の総会で決まる。

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです