メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

  • 伝説には早すぎる 「バスケットマン」折茂武彦選手(47)

     プロバスケットボール「Bリーグ」。今月29日に始まる2季目に向け、「レバンガ北海道」の選手たちが7月、札幌市の陸上トラックで走っていた。周ごとに遅れる選手が一…

    (2017年09月16日 15:03)

  • 見つめ続ける・大震災 語り継ぐ命 慰霊碑のない新店舗

     東日本大震災から6年半を迎える宮城県女川(おながわ)町で4日、新築移転した七十七銀行女川支店が営業を始めた。同支店は2011年3月11日の津波で行員4人が死亡…

    (2017年09月09日 15:05)

  • 父と目指す平昌 スピードスケート・村上右磨選手

     ◇村上右磨(ゆうま)選手 「どうやったら速くなれるのか。自分で考える習慣が身についたのは、お父さんの指導があったからこそ」 開幕まで半年を切った平昌冬季五輪に…

    (2017年09月02日 15:04)

  • 見つめ続ける・大震災 力合わせ 未来へ

     「津波で父ちゃんも母ちゃんも家も流された」。東日本大震災直後の2011年3月末、岩手県陸前高田市の避難所で、及川佳紀(よしき)さん(15)、晴翔(はると)さん…

    (2017年08月26日 15:08)

  • よみがえったベルリン五輪

     1936(昭和11)年、第11回ベルリン・オリンピックが、49カ国・地域から約4000人が参加して開かれた。8月1日から16日間の大会で日本は金メダル6個を含…

    (2017年08月19日 15:01)

  • 日航機墜落事故32年 あの子に、会いにいかんと

     かつて巨大な機体に削り取られむき出しになった山肌は、32年を経て緑に覆われた。山々に囲まれた群馬県上野村の、さらに山奥に位置する通称「御巣鷹の尾根」。1985…

    (2017年08月12日 15:14)

  • 九州豪雨1カ月 復興へ 一歩踏み出す

     福岡、大分両県で死者36人、行方不明者5人(4日現在)の甚大な被害を出した九州北部豪雨から、5日で1カ月を迎えた。今も1200人を超える被災者が避難生活を続け…

    (2017年08月05日 15:01)

  • 高校生が「描く」原爆 「あの日」が今、目の前に

     広島に原爆が投下された72年前、被爆者が見た「あの日」の記憶を、広島市立基町高校(広島市中区)の生徒らが絵にしている。街で燃えさかる炎の熱さ、山積みにされた遺…

    (2017年07月29日 15:07)

  • 3年後に来るビッグウエーブ

     「サーフィンは自然が相手。だからこそいい波をとらえた時の興奮、感覚がたまらない」と語るのは大原洋人選手(20)。東京五輪でサーフィンが行われる千葉県一宮町出身…

    (2017年07月22日 15:08)

  • 伝えたい。夢があるから 児童養護施設の若者ら、奨学金めざす弁論大会

     「私の夢は美術の教員になることです」 約700人の聴衆を前に、女性(18)は力強く語る。 今月8日、東京都内で催された「カナエール夢スピーチコンテスト」(主催…

    (2017年07月15日 15:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
  2. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…
  3. 小池新党 「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」
  4. 夕張メロン そっくりの名刺入れ話題 市長が購入報告で
  5. 社説 日本の岐路 首相が冒頭解散を表明 説得力欠く勝手な理屈だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです