メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

  • アルプス貫くトンネル 世界最長57キロ スイス

     欧州の中央に位置するスイスで新たな輸送路として期待される「ゴッタルドベーストンネル」が今年6月に開通し、12月から本格運用が始まる。全長57キロは日本の青函ト…

    (2016年09月24日 15:06)

  • リオ・パラリンピック 熱い戦い、声援こだま

     パラアスリートたちの熱戦が続くパラリンピック・リオデジャネイロ大会。開幕前にはチケットの売れ行きを心配する声もあったが、会場にはカリオカ(リオっ子)たちの大き…

    (2016年09月17日 15:10)

  • 見つめ続ける・大震災 復興格差、神社にも

     土地とそこに暮らす人々を結び付ける役割も担ってきた神社。福島県沿岸部の浜通りに点在する被災した神社を訪ね、そのたたずまいを見ていると、原発事故で「復興」という…

    (2016年09月10日 15:06)

  • 手足の不自由な子どものキャンプ 33人、笑顔の花開く

     「第60回手足の不自由な子どものキャンプ」(毎日新聞東京社会事業団、日本肢体不自由児協会、東京YMCA主催)が8月14〜19日に山梨県山中湖村の東京YMCA山…

    (2016年09月03日 15:02)

  • リオの頂上、この腕で 車いすラグビー・今井選手

     「頂上へ」。6月にあった車いすラグビーのリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表選手発表記者会見で、今井友明選手(33)はそう書いた色紙を掲げて言った。「リオ…

    (2016年08月27日 15:04)

  • 笑うカリオカ

     カリオカ(リオっ子)はよくしゃべり、よく食べ、よく飲む。ブラジル・リオデジャネイロでは、土曜日は昼から、平日も夕方になると、酒屋やレストランの軒先に立って、男…

    (2016年07月30日 15:20)

  • 女子ラグビー「アルカス熊谷」 育て未来の桜セブンズ

     2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催地の一つ・埼玉県熊谷市は国内有数のラグビータウンだ。約2年前、この地に女子ラグビーチーム「アルカス熊谷」が誕生…

    (2016年07月23日 15:05)

  • 見つめ続ける・大震災 語り継ぐ命 「ただいま」聞きたかった

     宮城県女川(おながわ)町で4月、東日本大震災の津波で12人が犠牲になった七十七銀行女川支店の従業員遺族が勉強会を開いた。企業・学校管理下で家族を亡くした遺族が…

    (2016年07月16日 15:14)

  • 熊本地震 音楽の力で前向きに

     「歌うことを忘れていました」。熊本地震で震度7が2度襲った熊本県益城町出身でミュージカル劇団を主宰する小松野希海(のぞみ)さん(28)は同町の自宅が全壊し、避…

    (2016年07月09日 15:06)

  • 筋電義手の子どもたち 僕の手が動いたよ

     筋電義手は、筋肉が発する微弱な電流を感知して思い通りに手先を動かすことができるロボットハンドだ。兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)では普及のため…

    (2016年07月02日 14:21)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
  2. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
  3. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声
  4. 地震 奄美南部で震度5弱
  5. 東海道新幹線 車内に30センチのヘビ 臨時停車し捕獲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです