毎日小学生新聞

ニュースと学習記事が満載 読み解く力・考える力がつく

毎日小学生新聞

 毎日小学生新聞は2013年、1936年12月の創刊から77年を迎えました。日本の子ども向け新聞としてはもっとも歴史がある新聞です。

 毎小のポリシーは、新聞社が発信するニュースを満載した「総合教育情報紙」であること。2011年度からの学習指導要領では、新聞を活用して社会への理解を広める学習が始まりました。また、私立中学受験では、政治、経済など、時事問題の出題がどんどん増えています。

 毎小の紙面には、新聞社ならではの新鮮なニュース素材と、その背景解説がたくさん載っています。子どもの社会へのかかわりを増やし、「読み解く力」「考える力」を伸ばすのに最適な素材ばかりです。

 「生きるための力」を、ぜひ毎小で育ててください。

メニュー紹介

 楽しく、深く、分かりやすく--。10年、15年先まで見据えながら、小学生のみなさんの「学び」と「育ち」をお手伝いしたい。これが毎日小学生新聞の願いです。子どもの「学力低下」が指摘されるなか、2011年度から小学校教科書は「脱ゆとり」路線が導入されました。小手先・目先のテクニックではなく、「自ら学ぶ意欲」を引き出し、社会へのかかわり、ものごとを読み解く力を身に着ける学習が必要になります。「毎日読むから毎日伸びる」毎小で、お子さまの無限の可能性を引き出してあげてください。

コラム

〜新聞を読む子は学力が高い〜

コラム

読者の声

読者の声

読者の声

よくある質問

小学1年生でも読めますか?

すべての漢字にふりがながついていますので、1年生でも読めます。毎週日曜日には、5歳から小学生2年生を読者に想定した「こどもしんぶん」(4ページ)があります。漫画「はなかっぱ」や絵の投稿コーナー「くれよんきんぐ」のほか、書き込んで学べる「こくごのもり」や「1・2の3すうらんど」が人気です。

中学生でも読めますか

毎小購読者の約1割は中学生以上です。毎週土曜日は、中高生向けのニュース解説「15歳のニュース」(4ページ)もあります。大人の読者も増えています。

読者参加の試みはありますか?

毎小特派員制度があります。企画「あの人に会った」であこがれの有名人に直接インタビューできますし、「走れ!毎小特派員」では、学校での出来事や体験したリポートを投稿すると掲載されます。「銀河教室inつくば」や「きらきら算数」など読者が参加するイベントも数多くあります。

名物コーナー

名物コラム 陰山さんとパックンも!(木曜日)

池上彰さんの「教えて!池上さん」(第4木曜)と並ぶ毎小の名物コラム、「百ます計算」など革新的な教育論を提唱する立命館小学校校長顧問の陰山英男さんの「陰山式 絶対成績が上がる学習法」(第2木曜)では、さまざまな視点から「伸びる学習法」を紹介します。また、日米お笑いコンビ、パックンマックンのパックンこと、パトリック・ハーランさんの「パックンのAre you a 国際人?」(第3木曜)も。国際的な視点から見た日本のすばらしいところ、ヘンなところを語ります。

楠木誠一郎さんの連載「世界史グレート英雄伝」(金曜日)

国際人の常識としてぜひ知っておきたい世界史の英雄たち100人を、楠木流に解説。将来、外国の人たちと交流する際に「私もあなたの国の英雄が好き」と言えたら、ぐっと距離が近くなりますよ。

Let’s データサイエンス(火曜日)

「ビッグデータ」や「データサイエンス」という言葉が今、注目されています。観察や調査・実験でデータを集め、分析し、そこから全体を探る統計の世界を探検します。データを読み解く力が身につくワークも。目指せ、データサイエンティスト!

本当の学問に触れる「学びや」(金曜日)

知ること、考えることが楽しくなる学びのコラム。開成、神戸女学院、駒場東邦、青山学院の先生が、環境、英語、数学、食文化を小学生向けにやさしくひもときます。名門私立中高校長らによる紙上授業です。

こんなときはどうする?「マイルール」(火曜日)

普段の生活の中で役に立つマナーについて、辰巳渚さんが教えてくれる「マイルール」は好評継続中。家では教えてくれない、でも社会に出たら知っていないと恥ずかしい、基本的なマナーが身に付きます。

マンガ「論語くん」(月~金曜日)

2500年前の中国の思想家・孔子の教え「論語」。日常生活に生かせる教えをマンガで楽しく紹介します。小学生のひろし君と科学者のパパが作ったロボッ ト「論語くん」がくり広げるずっこけコメディ。

サンプル

購読のお申し込み

国内

タブロイド判平日8ページ。金曜日は小学生の進路を考えるページが加わって12ページ、土曜日は「15歳のニュース」が加わって12ページ、日曜日は低学年向け「こどもしんぶん」が加わって12ページです。毎朝届いて、1か月たったの1,580円(税込み)です。

海外

国際エクスプレスサービス

日本で読んでいる新聞をそのまま、海外へ直送するサービスです。料金は地域によって異なります。