読む子は育つ——毎日読んで、考える
だから受験に強い!

毎日小学生新聞

8ページ 土12ページ 月額1,580円(税込み)
お申し込みはこちら 海外にお住まいの方はこちら
※購読のお申し込みは必ず成年の方がおこなってください。

毎日小学生新聞とは

最新ニュースや世界の出来事を分かりやすく解説し、毎朝お届けします。すべての漢字にルビがついているので小学1年生から読むことができます。
読解力はすべての学力の基礎。1日5分だけでも、6年間なら10950分……これがお子さまの未来を育てます。2020年の大学入試改革(思考力、判断力、表現力重視)にも対応しています。

こんな方におすすめ!

  • 社会のいろいろなことを親子で話題にしたい!

    すべての漢字にふりがな付きで、小学1年生から読めます。共通の話題ができ、社会的な関心も育てることができます。

  • 思考力・判断力・表現力を伸ばしたい!

    2020年度から始まる大学入試改革で重視される三つの力。哲学カフェなど「正解のない問いに答える力を育む」読み物をいっぱいそろえています。読み続けるうちに自然と三つの力がアップ!

  • 時事問題に強くなりたい!

    分かったつもりのあのニュース、いざ説明しようとすると、あれ?
    それでは入試や就職試験に役立ちません。短く、的確に重要ニュースをお届けします。

お申し込みはこちら 海外にお住まいの方はこちら

コラム「新聞を読む子は学力が高い」

新聞習慣で成績もUP!

文科省の平成30年度学力・学習状況調査によると、新聞を読んでいる児童ほどテストの成績も良いことが分かりました。

読者層は?

毎小は幅広い学年からの支持を受けています。特に、いろいろな分野に目が向き始める中学年以降の読者が大多数を占めています。
読者の中には中学生以上の方もいます。また、「今さら聞けない…」という大人にも、実はおすすめです。 

読者の声

イチオシ!コンテンツ

豪華執筆陣による1面コラム(日曜日)

時事ニュースを盛り込みながらの識者コラムは、ジャーナリストの池上彰さん、国連事務次長の中満泉さん、哲学者の内山節さん、タレントのパックンが交代で登場します。

アルパカかあさんのモフモフEnglish(週1回)

「アルパカかあさん」の書き下ろしマンガを、デイビッド・セインさんが英語にして解説。楽しく英語を覚えちゃおう!

てつがくカフェ(週1回)

「お金と命どちらが大事?」「親はなぜ怒るの?」「私は誰のもの?」などなど、子どもからの「答えのない問い」に、哲学者3人が格闘。

よくあるご質問

何年生から読めますか?
すべての漢字にふりがながついており、1年生でも読むことができます。毎週日曜には、5歳から小学生2年生を読者に想定した漫画「はなかっぱ」や絵の投稿コーナー「くれよんきんぐ」を掲載しています。
読者が参加できる企画はありますか?
「毎小特派員」に登録すると、「あの人に会った」の取材に参加して、あこがれの有名人に直接インタビューができます。「走れ!毎小特派員」では、学校での出来事や体験のリポート記事の投稿を掲載しています。JAXAでの宇宙飛行士体験など、読者から参加者を募るイベントも数多く開催しています。
毎日配達だなんて、読み切れそうにありません
読み切る必要はまったくありません。最初はマンガだけ、気になるところだけでOKです。少し慣れたら、長い読み物やニュースにチャレンジしてみましょう。気になる記事を一つだけ、毎日スクラップするのもお勧め。少しずつ速く、たくさん読めるようになります。

購読料金

加入日から1カ月ごとに更新

8ページ 土12ページ 月額1,580円(税込み)
お申し込みはこちら 海外にお住まいの方はこちら