メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

  • 農林水産省大臣官房審議官 牛草哲朗(58)

    さまざまな交渉スタイルを学ぶ 1994年夏、経済企画庁総合計画局に副計画官として出向し「構造改革のための経済計画」策定作業に関わった後、96年夏からOECD代表…

  • 観光庁長官 蒲生篤実(59)

    貴重な「他流試合」を経験 課長補佐時代は体力や気力がみなぎり、私生活を含めさまざまな変化や経験をしつつも充実していく期間だと思います。私の課長補佐時代は約9年で…

  • 財務省主税局長 住沢整(54)

    仕事の基礎固めの時期 9年間の課長補佐時代のうち7年間を主税局で過ごしました。新米補佐として主税局調査課に着任したのは1996年。在外勤務などで6年も本省を離れ…

  • 外務省経済局長 四方敬之(57)

    対話力の貴重な土台づくり 私の課長補佐時代の始まりは、外務省人事課で、その後北米第2課、中東第2課、OECD日本政府代表部を経て大臣官房総務課で務めました。19…

  • 前総務省地域力創造審議官 境勉(56)

    新税創設の高揚感と苦労を経験 課長補佐として、七つのポストを経験しましたが、そのうち三つは同じ都道府県税課でした。3回の出戻り勤務を通じて、税収が安定的で偏在の…

  • 経済産業省通商政策局長 広瀬直(57)

    交渉の現場で基礎を学ぶ 私の課長補佐時代は、旧通産省の産業政策局商務室、在米国大使館、環境政策課、大臣官房総務課で務めました。 1994年に赴任した在米国大使館…

  • 農林水産省経営局長 横山紳(57)

    修羅場で仕事の基本を学ぶ 私の課長補佐時代の始まりは、1992年の通商産業省貿易保険課への出向でした。公的債務のリスケジュール交渉の担当でしたが、留学はおろか海…

  • 国土交通省海事局長 大坪新一郎(57)

    現場を思う基本姿勢を再認識 私の課長補佐時代は、2001年から05年までの4年間強、海事局造船課のみでした。最初の1年間は個別のプロジェクト担当補佐で、次の3年…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです