メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

  • 国土交通省海事局長 羽尾 一郎(57)

     ◇失敗を恐れず、時に柔軟に 私の課長補佐時代は、入省8年目から港湾、船員、海運、鉄道、官房の各分野の5課で、大使館や大臣秘書官の勤務をはさんだ約12年間でした…

    (2017年05月10日 09:45)

  • 農林水産省消費・安全局長 今城健晴(57)

     ◇法制度を作る醍醐味と厳しさ経験 最初に課長補佐となったのは1990年夏、官房文書課の法令審査官でした。各局が作成する法律原案について、他の法制度と重複や齟齬…

    (2017年04月10日 09:45)

  • 経済産業省中小企業庁長官 宮本聡(55)

     ◇難題に正面から向き合った 8年間、6ポストに及ぶ課長補佐時代から、特に印象的な出来事をご紹介します。まず、92年7月から94年5月までの資源エネルギー庁ガス…

    (2017年03月10日 09:45)

  • 外務省官房長・山崎和之(56)

     ◇職業人生の基盤を築いた 最初の課長補佐は1990年夏、のちに世界貿易機関(WTO)に発展する「関税と貿易に関する一般協定」を扱う経済局の課で務めました。そこ…

    (2017年02月10日 09:45)

  • 海上保安庁次長 花角英世(58)

     ◇生きた経済社会を実感した 本省での課長補佐は、1987年秋から95年秋までの約7年間で四つのポストを務めました。86年春から国鉄の分割民営化法案の作成などを…

    (2017年01月10日 09:45)

  • 農林水産省農林水産技術会議事務局長・西郷正道(60)

     ◇農政のニッチな分野で奮闘 1991年に在インド大使館から帰任してから約10年間、三つの課長補佐を務めました。 最初は農林水産技術会議事務局国際研究課で国際研…

    (2016年12月09日 09:45)

  • 国土交通省官房長 吉田光市(58)

     ◇「現場」と「言葉」の大切さを学んだ 和歌山県庁への出向から戻り、1992年から96年まで旧建設省大臣官房文書課と人事課の2課で課長補佐時代を過ごしました。 …

    (2016年11月10日 09:45)

  • 文部科学省高等教育局私学部長・村田善則(55)

     ◇他省庁、学識者との縁が財産に 私の約4年間の課長補佐時代は、1994年10月の総務庁人事局(当時)への出向から始まりました。労働担当の参事官補佐として公務員…

    (2016年10月10日 09:45)

  • 特許庁総務部長 間宮淑夫(53)

     ◇公務員としての土台を固めた 課長補佐は、省庁の中で実務の中核を担う重要なポジションで、特に経済産業省では、「経産省は補佐でもつ」と言われることもある、多忙で…

    (2016年09月09日 09:45)

  • 外務省経済局長・山野内勘二(58)

     ◇内政と外交の葛藤を体感昭和から平成になった1989年夏、私は日米経済関係を所掌する北米局北米第2課に発令されました。当時、日米経済関係は大変緊張していました…

    (2016年08月10日 04:45)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治 「カール」販売終了 中部地方以東 販売低迷で
  2. 将棋 14歳プロ藤井四段 無敗13連勝 羽生に迫る神童
  3. グルメ “やおきん=うまい棒の会社”が確立? やおきんが発表した「人気駄菓子ランキング」の上位はほとんど……(GetNavi web)
  4. 加計学園 前川氏会見詳報(4) 官邸最高レベルは首相か官房長官
  5. 将棋 森内九段が名人戦「引退」 「A級降級で結論」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです