メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン

  • 身内の大げんかで発覚した非課税の「悪」

     ◇富岡八幡宮、日本相撲協会…… 東京・深川の「富岡八幡宮」は創設390年。皇室とも縁が深い「由緒ある神社」である。 ご存知だろう。その富岡八幡宮で、宮司の富岡…

    (2018年2月9日 09:42)

  • 「お葬式」格安時代 「孤独死」がスタンダードになる!?

     70歳を超えてから「いつ死ぬか分からないから、それ相応に準備しなければ」と思うようになった。お葬式も、その一つである。死んじゃったらお葬式なんってどうでもよい…

    (2018年1月10日 09:42)

  • 天皇ご在位、あと500日余

     ◇高麗神社参拝で示された「平和の意志」 《戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚え…

    (2017年12月8日 09:43)

  • 核保有論まで登場? 日本はミサイル防衛で財政破綻する

     中国の共産党系タブロイド紙「環球時報」が「金正恩の北朝鮮」を「現代の孫悟空」と書いている。核兵器を手に入れ暴れ回る北朝鮮は、始末に負えない「現代の孫悟空・ロケ…

    (2017年11月10日 09:43)

  • 「所得格差の時代」このままではニッポンが縮小する!

     今回も「将棋界」の話から始めよう。公式戦29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段の登場で、空前の将棋ブーム。「将棋打ち」の伝説、格言の類の書籍が売れている。…

    (2017年10月10日 09:43)

  • 空前の将棋ブーム!

     ◇もし藤井四段と「不運の天才・村山聖」が対戦したら? 世の中「もう少し待っていれば……」とほぞをかむことがある。1年前に休刊した世界で唯一の「将棋専門の週刊新…

    (2017年9月8日 09:43)

  • 女帝・小池都知事は首相になれるか?

     ◇松谷天光光、佐藤昭子、土井たか子……生き方イロイロ 1946年4月、戦後初の衆院選。一気に39人の女性議員が当選した。その中で、異彩を放った松谷天光光のこと…

    (2017年8月10日 09:43)

  • 「安倍+日本会議」支配を止めるのは?

     ◇霞が関 、福岡人脈、宏池会、小池都知事…… 2017年上半期、永田町も霞が関も、「森友」「加計」、俗に言う「もりかけ忖度(そんたく)」騒動に揺れた。 安倍晋…

    (2017年7月10日 09:44)

  • ヤクザの“存亡”が問われる

     ◇代紋が同じ「山菱」の山口組が三つに! 「代紋」をご存知だろうか? ヤクザ社会の世界の「家紋」のようなもので、組織の大小を問わず、全国の暴力団のほとんどが、組…

    (2017年6月9日 09:44)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾 話題賞受賞で「引退しなくてよかった」 たけしも苦笑い
  2. 大阪民泊監禁 新たに人の胴体と両腕、両足発見 京都山中
  3. 平昌五輪 金の羽生らヤンヤン空港に 日本選手団が帰国へ
  4. 大阪民泊監禁 容疑者が他の女性も連れ込み 無事確認
  5. 京大・折田先生像 今年はリセットさん 受験生緊張ほぐす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです