メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

  • 皇學館大学現代日本社会学部教授 新田均

     ◇「大麻」の真実 「無害」な日本産活用で伝統文化を守れ 「大麻」と言えば「麻薬」というのが世間の常識。この常識はニュースなどで頻繁に国民の頭に刷り込まれている…

    (2017年12月08日 09:57)

  • トンボはドコまで飛ぶかフォーラム代表 吉田洋子

     ◇生物多様性 市民・行政・企業が協働し「エコアップ」 都市化で緑や水辺がどんどん失われ、人間にとっての環境も悪化させてきたが、さまざまな生物にとっても厳しい市…

    (2017年11月10日 09:57)

  • 文化庁伝統文化課企画係長 大村祐大

     ◇文化財の観光活用 適切な保存との両輪で地域振興に貢献 ここ数年で、外国人の方を見かける機会が劇的に増えた。私が東京のまち歩きをしていても、あらゆる場所で外国…

    (2017年10月10日 09:57)

  • 村楽エナジー代表取締役 井筒耕平

     ◇地域経営 自然と人、お金を編集し直しビジネス化 村楽エナジーは、私の頭の中を具現化し、社会にインストールするための「手段」として2013年に岡山県西粟倉村で…

    (2017年09月08日 09:57)

  • 北海道総合政策部政策局北海道150年事業室長 赤塚孝行

     ◇北海道150年事業 北海道の多様な魅力を国内外に発信 北海道は、かつて「蝦夷地」と呼ばれていたが、旧暦の1869(明治2)年7月17日に、探検家・松浦武四郎…

    (2017年08月10日 09:57)

  • 公立鳥取環境大学環境学部教授 中橋文夫

     ◇因幡の大地に眠る宝物 今日、自治体は地方創生の妙案を巡り躍起になっている。鳥取県では移住・子育て支援などに力を注いでいるが、実は因幡の大地に宝物が眠っていた…

    (2017年07月10日 09:57)

  • NPO法人地域おこし理事・事務局長 多田朋孔

     ◇地域での起業 体系的な知識・手法を学ぶことが必須 東京への一極集中が加速していると言われている一方で、一部の層で地方移住を考えている人たちが増えている。地方…

    (2017年06月09日 09:57)

  • 信州大学学術研究院総合人間科学系准教授 林靖人

     ◇地域ブランドの新活路 産官学民の連携と人材育成が必要 「地域ブランド」という言葉が我が国で頻繁に用いられるようになったのは、「平成の大合併」がピークを迎えた…

    (2017年05月10日 09:57)

  • 日本財団SI本部国内事業開発チームリーダー 竹村利道

     ◇障害者就労支援 工賃増へ成果上げる事業者を支援 日本財団に寄せられる福祉系事業の中で申請数が最も多い案件は、障害者の就労支援に関するものだ。この10年余りで…

    (2017年04月10日 09:57)

  • 農林水産省農業環境情報分析官 栗原眞

     ◇有機農業推進法10周年 自然と向き合う熱い思いをいま一度昨年12月8日に「有機農業の日」という記念日が制定されました。今から約10年前の平成18(2006)…

    (2017年03月10日 09:57)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
  2. 牧太郎の大きな声では言えないが… 「横綱の暴行」で稼ぐのは?
  3. 綱の失墜 日馬富士暴行問題/下 重し消え、変節する白鵬 崩れる伝統・秩序
  4. フィギュアスケート 羽生「腱と骨にも炎症」コメント追加
  5. 相撲協会 元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです