メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・スポーツを読む

  • 高野連の「禁制」に挑め 歴史的な女性理事誕生

     石ヘンに頭と書いて「こうやれん」。こんな漢字があるはずないのだが、石頭ぞろいと思われてきた高校野球の総元締、日本高等学校野球連盟(高野連)が変わるかもしれない…

    (2017年6月9日 09:43)

  • あと3センチで夢の記録へ 9秒台が出そうな予感

     「6月の日本選手権まで待ってくれるだろうか」。実は期待と不安でハラハラドキドキしながらこの原稿を書いている。陸上競技男子100メートルの話。 4年前のこのコラ…

    (2017年5月10日 09:42)

  • 世界一捕手が伝授するエリートの倒し方とは

     惜しかったですな、先月の侍ジャパン。2大会ぶりの「世界一」奪回を目指したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。2次ラウンドまでハラハラドキドキの6連勝…

    (2017年4月10日 09:42)

  • 営業マンが学んだ育成術 原晋流「大作戦」の系譜

     いま時の若い人にとって、理想の上司は熱血派でなく、優しくユーモアにあふれていないといけないということらしい。 毎年、明治安田生命がその年の新入社員を対象に実施…

    (2017年3月10日 09:42)

  • 勝ち続けた男の栄光と挫折

     ◇名将香田誉士史氏の十字架 「球春」。甲子園のセンバツ出場校が決まり、2月1日にはプロ野球のキャンプもスタートした。野球ファンには心浮き立つ季節の到来だ。 弾…

    (2017年2月10日 09:42)

  • 初夢膨らむメジャー制覇 ヒデキとリョウの競演も

     「初夢」として語るには、あまりにも現実味を帯びすぎている。松山英樹による男子ゴルフ界の悲願、世界4大大会(メジャー)初制覇だ。 昨年10月の日本オープンで国内…

    (2017年1月10日 09:42)

  • 凄腕の球界「種まき」男 根本マジックを読み解く

     「種をまく人」。この表現が似合う人だ。広島、クラウンライター、西武、ダイエー(現ソフトバンク)の4球団で監督を務めた根本陸夫(1999年死去)。自分が率いてい…

    (2016年12月9日 09:42)

  • はみ出し男の調教法とは

     ◇野球界にほしい井村さん リオ五輪で日本のシンクロナイズドスイミングは2大会ぶりにメダルを獲得した。ヘッドコーチに復帰した井村雅代さんの指導によるものが大きい…

    (2016年11月10日 09:42)

  • 広島オセロは赤一色 郷愁誘う「初V伝説」

     ここ房総・館山の書店も、スポーツコーナーは「赤一色」に染まった印象でしたな。広島カープの25年ぶりセ・リーグ制覇。せきを切ったように「カープ優勝特集」本が「永…

    (2016年10月10日 09:42)

  • 惜しまれる「ご意見番」 野球愛した豊田泰光さん

     昼夜逆転のリオ五輪。嵐のような日本勢のメダルラッシュもあって、睡眠不足が常態化し、その後遺症を引きずったまま、この原稿を書いている。 4年に1度とはいえ、五輪…

    (2016年9月9日 09:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
  2. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  3. 相田翔子 23年ぶりにセルフカバー 競馬場で生歌披露
  4. 炭鉱遺産 求む!引き取り手…移転先、置き場なく 九州大
  5. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです