メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・スポーツを読む

  • 営業マンが学んだ育成術 原晋流「大作戦」の系譜

     いま時の若い人にとって、理想の上司は熱血派でなく、優しくユーモアにあふれていないといけないということらしい。 毎年、明治安田生命がその年の新入社員を対象に実施…

    (2017年3月10日 09:42)

  • 勝ち続けた男の栄光と挫折

     ◇名将香田誉士史氏の十字架 「球春」。甲子園のセンバツ出場校が決まり、2月1日にはプロ野球のキャンプもスタートした。野球ファンには心浮き立つ季節の到来だ。 弾…

    (2017年2月10日 09:42)

  • 初夢膨らむメジャー制覇 ヒデキとリョウの競演も

     「初夢」として語るには、あまりにも現実味を帯びすぎている。松山英樹による男子ゴルフ界の悲願、世界4大大会(メジャー)初制覇だ。 昨年10月の日本オープンで国内…

    (2017年1月10日 09:42)

  • 凄腕の球界「種まき」男 根本マジックを読み解く

     「種をまく人」。この表現が似合う人だ。広島、クラウンライター、西武、ダイエー(現ソフトバンク)の4球団で監督を務めた根本陸夫(1999年死去)。自分が率いてい…

    (2016年12月9日 09:42)

  • はみ出し男の調教法とは

     ◇野球界にほしい井村さん リオ五輪で日本のシンクロナイズドスイミングは2大会ぶりにメダルを獲得した。ヘッドコーチに復帰した井村雅代さんの指導によるものが大きい…

    (2016年11月10日 09:42)

  • 広島オセロは赤一色 郷愁誘う「初V伝説」

     ここ房総・館山の書店も、スポーツコーナーは「赤一色」に染まった印象でしたな。広島カープの25年ぶりセ・リーグ制覇。せきを切ったように「カープ優勝特集」本が「永…

    (2016年10月10日 09:42)

  • 惜しまれる「ご意見番」 野球愛した豊田泰光さん

     昼夜逆転のリオ五輪。嵐のような日本勢のメダルラッシュもあって、睡眠不足が常態化し、その後遺症を引きずったまま、この原稿を書いている。 4年に1度とはいえ、五輪…

    (2016年9月9日 09:42)

  • 泥臭く斜めに切り裂け うれしい岡崎の初勲章

     3カ月も前の話だが、「ネッシーの確率以下かよ」と驚いたのがサッカーの母国、イングランド・プレミアリーグ、レスターの初優勝だ。 何でも賭けにする英国ブックメーカ…

    (2016年8月10日 09:42)

  • 笑われた屈辱バネに射止めた「安打キング」

     彼の口から、こんなにストレートな感情が吐露されるとは、少し驚きだった。 「子供の頃から人に笑われてきたことを、常に達成してきたという自負がある」。米大リーグ、…

    (2016年7月8日 09:42)

  • 野球を変えるビッグデータ

     ◇弱小球団パイレーツの革命 「最近、原稿が少ないと思ったら、朝からテレビ番をしていたのか」と、新聞社のデスクにしかられそうだが、このところ午前中は大リーグ中継…

    (2016年6月10日 09:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 自民、安倍昭恵夫人のメール文面公表
  2. 森友学園 不満ぶちまけ籠池節 「私人の喚問異常」 記者会見、厳しい質問かわす
  3. 福岡人志 松本人志の福岡ロケ番組第6弾 太宰府の魅力を再発見
  4. 堺・私立中 「保護者会退会で娘が疎外」父、賠償求め提訴
  5. 森友学園 首相夫人がフェイスブック掲載したコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです