メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・スポーツを読む

  • 「誤審」は消えるか ビデオ判定大はやり

     親父ギャグを得意技(?)としている楽天イーグルスの梨田昌孝監督は、すぐさまこう聞き返したそうだ。「涙の?」 一定年齢以上の人には通じるギャグだ。往年の人気グル…

    (2017年12月8日 09:42)

  • バスケ界に龍馬が出現 奇跡呼ぶ2足のわらじ

     初めて千葉ジェッツの試合を観戦した印象は「観客が少ないな」だったそうだ。開幕戦にもかかわらず約5000人収容の船橋アリーナの観客は1200人ほど。6年前のこと…

    (2017年11月10日 09:42)

  • 気流の申し子桐生選手 9秒台への「大ばくち」

     「雪辱 ジェット桐生」。日本陸上短距離界の悲願、「10秒の壁」が破られたことを伝える9月10日付毎日新聞社会面の主見出し(東京版)だ。桐生祥秀選手のキリュウと…

    (2017年10月10日 09:42)

  • カド番大関への三カ条 教え子を気遣う名伯楽

     「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強い」。勝負の世界で古くから使われてきたフレーズだ。スポーツ記者として何度も「当たらない予想」をしてきた。予想が外れる…

    (2017年9月8日 09:42)

  • 英雄からの「お墨付き」か 大横綱白鵬に親方への道

     「名古屋のみなさん、サンキュー」。遊び心あふれた横綱らしい優勝インタビューだった。大相撲名古屋場所で39度目の賜杯を手にした白鵬関だ。 17年ぶりに4横綱3大…

    (2017年8月10日 09:42)

  • 75年前の「幻の甲子園」 戦士に仕立てた国策大会

     甲子園を目指す高校野球地方大会の熱戦が全国で佳境を迎えている。今年の夏の選手権大会(日本高等学校野球連盟、朝日新聞社主催)は全国の代表49校が参加して8月7日…

    (2017年7月10日 09:43)

  • 高野連の「禁制」に挑め 歴史的な女性理事誕生

     石ヘンに頭と書いて「こうやれん」。こんな漢字があるはずないのだが、石頭ぞろいと思われてきた高校野球の総元締、日本高等学校野球連盟(高野連)が変わるかもしれない…

    (2017年6月9日 09:43)

  • あと3センチで夢の記録へ 9秒台が出そうな予感

     「6月の日本選手権まで待ってくれるだろうか」。実は期待と不安でハラハラドキドキしながらこの原稿を書いている。陸上競技男子100メートルの話。 4年前のこのコラ…

    (2017年5月10日 09:42)

  • 世界一捕手が伝授するエリートの倒し方とは

     惜しかったですな、先月の侍ジャパン。2大会ぶりの「世界一」奪回を目指したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。2次ラウンドまでハラハラドキドキの6連勝…

    (2017年4月10日 09:42)

  • 営業マンが学んだ育成術 原晋流「大作戦」の系譜

     いま時の若い人にとって、理想の上司は熱血派でなく、優しくユーモアにあふれていないといけないということらしい。 毎年、明治安田生命がその年の新入社員を対象に実施…

    (2017年3月10日 09:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
  2. ドローン 神戸ルミナリエ会場で飛行 操縦少年を任意聴取
  3. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
  4. サッカー 東アジアE-1選手権 北朝鮮は賞金なし 連盟が決定
  5. JR東海 L特急名称廃止 来春のダイヤ改正で表記消える

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです