メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・スポーツを読む

  • 英雄からの「お墨付き」か 大横綱白鵬に親方への道

     「名古屋のみなさん、サンキュー」。遊び心あふれた横綱らしい優勝インタビューだった。大相撲名古屋場所で39度目の賜杯を手にした白鵬関だ。 17年ぶりに4横綱3大…

    (2017年8月10日 09:42)

  • 75年前の「幻の甲子園」 戦士に仕立てた国策大会

     甲子園を目指す高校野球地方大会の熱戦が全国で佳境を迎えている。今年の夏の選手権大会(日本高等学校野球連盟、朝日新聞社主催)は全国の代表49校が参加して8月7日…

    (2017年7月10日 09:43)

  • 高野連の「禁制」に挑め 歴史的な女性理事誕生

     石ヘンに頭と書いて「こうやれん」。こんな漢字があるはずないのだが、石頭ぞろいと思われてきた高校野球の総元締、日本高等学校野球連盟(高野連)が変わるかもしれない…

    (2017年6月9日 09:43)

  • あと3センチで夢の記録へ 9秒台が出そうな予感

     「6月の日本選手権まで待ってくれるだろうか」。実は期待と不安でハラハラドキドキしながらこの原稿を書いている。陸上競技男子100メートルの話。 4年前のこのコラ…

    (2017年5月10日 09:42)

  • 世界一捕手が伝授するエリートの倒し方とは

     惜しかったですな、先月の侍ジャパン。2大会ぶりの「世界一」奪回を目指したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。2次ラウンドまでハラハラドキドキの6連勝…

    (2017年4月10日 09:42)

  • 営業マンが学んだ育成術 原晋流「大作戦」の系譜

     いま時の若い人にとって、理想の上司は熱血派でなく、優しくユーモアにあふれていないといけないということらしい。 毎年、明治安田生命がその年の新入社員を対象に実施…

    (2017年3月10日 09:42)

  • 勝ち続けた男の栄光と挫折

     ◇名将香田誉士史氏の十字架 「球春」。甲子園のセンバツ出場校が決まり、2月1日にはプロ野球のキャンプもスタートした。野球ファンには心浮き立つ季節の到来だ。 弾…

    (2017年2月10日 09:42)

  • 初夢膨らむメジャー制覇 ヒデキとリョウの競演も

     「初夢」として語るには、あまりにも現実味を帯びすぎている。松山英樹による男子ゴルフ界の悲願、世界4大大会(メジャー)初制覇だ。 昨年10月の日本オープンで国内…

    (2017年1月10日 09:42)

  • 凄腕の球界「種まき」男 根本マジックを読み解く

     「種をまく人」。この表現が似合う人だ。広島、クラウンライター、西武、ダイエー(現ソフトバンク)の4球団で監督を務めた根本陸夫(1999年死去)。自分が率いてい…

    (2016年12月9日 09:42)

  • はみ出し男の調教法とは

     ◇野球界にほしい井村さん リオ五輪で日本のシンクロナイズドスイミングは2大会ぶりにメダルを獲得した。ヘッドコーチに復帰した井村雅代さんの指導によるものが大きい…

    (2016年11月10日 09:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難 将棋指すカッパ像から駒が消える 兵庫県福崎町
  2. 人種差別 「ナチス」旗でJ1応援 痛み想像する力の欠如
  3. ヒグマ 全身白い個体数回目撃 アルビノか 北海道・下川
  4. レゴランド 「また来たい」「でも高い」知事らが視察
  5. J1 ガンバ大阪のサポーターがナチス旗酷似の応援旗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです