メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

世論は風だ。すべてを決める世論とは何だろう。永田町を知り尽くした山田孝男特別編集委員の名物政治コラム。毎週月曜更新。

  • 誰と写りたい?=山田孝男

     竹下派が石破茂支持へ傾いて話題--とはいえ、安倍晋三自民党総裁3選の大勢は変わらない。 だが、来夏の参院選の自民党候補は別の風景を見ているようだ。永田町では盤…

    (2018年8月6日 03:01)

  • 「別の保守」への道=山田孝男

     秋の自民党総裁選は、3選をうかがう安倍晋三の独走、石破茂が粘り、岸田文雄は離脱、野田聖子苦戦中--という展開。 このレースの歴史的な意味は、挑戦者がそれぞれ派…

    (2018年07月30日 02:52)

  • 身もフタもない=山田孝男

     「身もフタもない」という時の「身」とは、フタの付いた容器の、フタを除く本体部分を言う。 つまり、「身もフタもない」とは、本音がむきだしで、「露骨すぎて、情味も…

    (2018年07月23日 02:53)

  • 学べば朽ちず=山田孝男

     13日、「毎日21世紀フォーラム」(大阪市)に小泉純一郎元首相が登場、「学べば朽ちず」という、お得意の警句を吐いた。 15日、小泉は「小沢一郎政治塾」に出講し…

    (2018年07月16日 03:02)

  • 対話なき現状=山田孝男

     「党首討論の使命は終わった」(与野党党首)そうだが、いつ使命を果たしたか思い出せない。     ◇ 6月27日の党首討論はいつにも増して言いっ放しのすれ違いだ…

    (2018年7月2日 03:14)

  • 宇宙でもゴミ拾い=山田孝男

     日本人はゴミ拾いをいとわない。サッカー場の観覧席でも、宇宙でも。 人工衛星が飛ぶ地球の周回軌道には、スペースデブリ(space debris=宇宙ゴミ)も飛ん…

    (2018年6月25日 02:21)

  • 彼を知り 己を知れば=山田孝男

     孤立していた若き独裁者が、制裁の国際包囲網を破り、オセロゲームのように情勢を塗り替えた。 朝鮮戦争(1950~53年)以来、謀略の限りを尽くして生き延びた国の…

    (2018年6月18日 03:31)

  • 果てしなき戦い=山田孝男

     疑惑をめぐり、果てしない攻防が続いている。 果てしなくさせている理由は攻守双方にある。 疑惑など小事--とタカをくくる首相は高飛車な姿勢を崩そうとしない。攻め…

    (2018年6月4日 02:59)

  • 具体的な説明の力=山田孝男

     生々しい体験を踏まえて語られる具体的な説明には強い説得力がある。 抽象的で紋切り型の否認には真実味がない。 その対比、落差がよく見えた1週間だった。     …

    (2018年5月28日 02:48)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 山口・周防大島の2歳児見つかる 親戚宅北側山中で
  2. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  3. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  4. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  5. シェアハウス不正 スルガ銀、スター銀欺く 融資引き出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです