メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

世論は風だ。すべてを決める世論とは何だろう。永田町を知り尽くした山田孝男特別編集委員の名物政治コラム。毎週月曜更新。

  • 正倉院の仮面とイラン=山田孝男

     先月、ニューヨークで行われた日米首脳会談で、トランプ米大統領が安倍晋三首相にこう言った――という報道があった。 「日本のユニークな立場を生かしてイランとの関係…

  • 「不自由展」をめぐって=山田孝男

     古代インドの、とある国の王様が、目の不自由な人々を象に触れさせ、「これは何か」と問うた。 足に触れた者は「柱のようです」と答えた。 尾に触れた者は「ホウキのよ…

  • 関電高浜問題の意味=山田孝男

     事なかれ主義の関西電力エリートを手玉に取ったモンスター的人物(福井県高浜町元助役、今春死去)の逸話は興味深い。 関電高浜原発をめぐる騒動の歴史的な意味は、全国…

  • 小さな町でできたこと=山田孝男

     房総大停電のさなか、自前の発電設備をもつ千葉県睦沢町(むつざわまち)の「道の駅むつざわ/つどいの郷(さと)」が、併設の浴場を開放、防災拠点として面目を施した。…

  • 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

     科学技術担当相がウィーンで開かれた国際原子力機関(IAEA)総会で、東京電力福島第1原発の、いわゆる処理水の無毒性を強調、海洋放出の危険性を訴える韓国代表の機…

  • 徴用工、中・韓の違い=山田孝男

     秋の内閣改造劇。 表の主役が小泉進次郎環境相なら、陰の主役は菅義偉(すがよしひで)官房長官だった。 初当選以来マスコミの厳重監視下に置かれ、開演前から公私とも…

  • ロングスピーチを=山田孝男

     この夏、ペルシャ湾安全航行の有志連合問題が浮上し、日韓関係がこじれ、香港情勢が緊迫しても国会質疑はなかった。参院選とお盆のせいである。 通常国会が終わった6月…

  • もっと届く言葉を=山田孝男

     日韓の安全保障連携の糸がプツンと切れた。 よもやと思われた、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領の日韓ジーソミア(GSOMIA、軍事情報包括保護協定)破棄宣言(2…

  • 戦後74年とアジア=山田孝男

     世界大戦の回顧談や戦没者慰霊の記事がひしめく8月の新聞に、新しい戦争や内乱を予感させるニュースが同居している。 インド北部、カシミール地方の自治権をめぐるイン…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです