メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

世論は風だ。すべてを決める世論とは何だろう。永田町を知り尽くした山田孝男特別編集委員の名物政治コラム。毎週月曜更新。

  • ムーアが撮ったもの=山田孝男

     マイケル・ムーア監督の新作「華氏(かし)119」は、トランプ大統領誕生に至る米国民の、政治不信の底流を捉えた映画である。 日本での公開前に試写を見た。反共和党…

    (2018年10月15日 03:27)

  • 「平成の先」の道=山田孝男

     内閣改造後の首相記者会見で「平成の、その先の時代へ向かう国づくりのスタート」という言い回しが耳に残った(2日)。 改造を伝えた朝刊の国際面には、9月28日、イ…

    (2018年10月8日 02:13)

  • 貿易戦争とサバイバル=山田孝男

     トランプ米大統領の本領はヤンチャな<ぶっちゃけトーク>にある。 日米首脳会談(ニューヨーク、日本時間9月27日未明)の冒頭。「きっと満足できる結論が出る」とテ…

    (2018年10月1日 03:16)

  • 圧勝ですが、何か?=山田孝男

     「選挙は勝てばいい」と副総理は言うが、勝ち方を点検する意味はある。 自民党総裁選は安倍晋三が圧勝、石破茂も予想よりは得票を積み、惨敗は免れた。選挙常勝で慢心が…

    (2018年9月24日 02:07)

  • 語るほど伝わらない=山田孝男

     石破茂は遠慮し過ぎではないか。自民党の再生、活性化を唱えて出馬した割に腰がひけている。 総裁選候補者討論会(14日、日本記者クラブ)を傍聴してそう思った。はっ…

    (2018年09月17日 02:57)

  • 進次郎「ギウン」を問う=山田孝男

     小泉進次郎(37)はどっちにつくのだろう。 小泉、目下、ニュージーランド出張中。帰国は6日になる。出発直前、「週刊文春」(9月6日号)が巻頭5ページで「進次郎…

    (2018年09月03日 02:12)

  • 党員票、風向きは?=山田孝男

     本命が勝ったのに、挑戦者の方が意気盛んな自民党総裁選があった。 宮沢喜一が当選し、渡辺美智雄が2位につけた1991年秋である。 最大派閥・竹下派は宮沢を推した…

    (2018年08月27日 02:44)

  • ボーッと捨てるんじゃねーよ=山田孝男

     カナダ東部の保養地シャルルボワで開かれたG7サミット(主要7カ国首脳会議、6月)で、トランプ米大統領と日本の安倍晋三首相だけが、欧州主導の「海洋プラスチック憲…

    (2018年8月20日 02:37)

  • 誰と写りたい?=山田孝男

     竹下派が石破茂支持へ傾いて話題--とはいえ、安倍晋三自民党総裁3選の大勢は変わらない。 だが、来夏の参院選の自民党候補は別の風景を見ているようだ。永田町では盤…

    (2018年8月6日 03:01)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです