メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

世論は風だ。すべてを決める世論とは何だろう。永田町を知り尽くした山田孝男特別編集委員の名物政治コラム。毎週月曜更新。

  • 気づかない人々=山田孝男

     新型コロナウイルスの襲来で多くの人々が何かに気づいたが、気づきの中身は人によって違う。 折も折、「3密」マージャンに興じた東京高検検事長の気づきは浅かった。ウ…

  • 地方が先を行く時代=山田孝男

     窮すれば通ず。 「安倍1強政権」頼むに足りず――となれば、自治体自ら動く。PCR検査にしても、社会活動制御のカジ取りにしても。 困難に直面した自治体が対策を急…

  • 政権にも目詰まりが=山田孝男

     自粛はいつまでか? 日本の新型コロナ対策は成功しているのか? 判断はPCR検査から導かれるはずだが、検査数が日本は極端に少ない。 「なぜ少ないか」と聞かれた首…

  • お金はどこから?=山田孝男

     常識外れの財政支出が必要なのは分かるが、財源はどうするのだろう。 日本の未来は暗い――と断じてはばからない投資家ジム・ロジャーズ(77)がこう言っている。 「…

  • 前向きな五輪中止=山田孝男

     東京五輪・パラリンピック大会が結局中止になる可能性は小さくない。 そうなってもあわてぬよう、「戦略的中止」案(プランB)を準備しておくに越したことはない。 中…

  • 自分でロックダウン!=山田孝男

     星野源が歌う通り、よそで新型コロナウイルスをもらわず、人にもうつさぬ最良の方法は「うちにいること」に違いない。 これは一見、自明のようでいて、人によって認識に…

  • ステイ・ホーム!=山田孝男

     新型コロナウイルス対策がチグハグなのは、希望的観測が現実認識を曇らせるからに違いない。 感染者は加速度的に増えているが、政府は「緊急事態宣言が必要な状態ではな…

  • 新しい現実を受け入れる=山田孝男

     ウイルスとの戦いは「長期戦を覚悟していただく必要がある」――。 28日の記者会見で安倍晋三首相はそう訴えたが、目安はいつまでか、具体的な説明はなかった。 見当…

  • コントロールについて=山田孝男

     未知のウイルスも、原発メルトダウンも、制御するのは至難の業である。 6年半前、安倍晋三首相は、「アンダーコントロール」(原発事故は制御されている)と訴え、オリ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです