メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

布施広専門編集委員が国際政治の真相に迫ります。

  • 大統領の愛犬たち

     星条旗に包まれたひつぎの前でうずくまる犬の姿に、世界は涙ぐんだ。米国のブッシュ第41代大統領の介助犬サリー。車いすのブッシュ氏のためにドアの開閉を補助したり落…

    (2018年12月14日 02:01)

  • サウジと竹槍事件

     ある雑誌の編集長を仰せつかっていて、毎号自薦他薦で多くの執筆希望が寄せられる。が、今回はちょっと特別だ。サウジアラビアが主要テーマなのだが、企業関係の研究者の…

    (2018年12月7日 02:03)

  • 赤十字総裁に聞く

     カショギ記者殺害の真相はしょせんヤブの中。だから金持ちのサウジアラビアと親しくつきあう。それが「米国第一」というものさ。 トランプ米大統領がそんな調子の声明を…

    (2018年11月30日 02:03)

  • 大統領弾劾の怖さ

     先の中間選挙で連邦議会下院の多数派となった米民主党。「さあトランプ弾劾だ」と勇み立つかと思いきや、かなり慎重である。 年明けから下院議長に返り咲くはずのペロシ…

    (2018年11月23日 02:09)

  • こども食堂に思う

     新潟の友人がお礼だと言ってブランド米を送ってきた。大したことはしていないので大きな袋ごと寄付することにした。2年ほど前だ。 おなかをすかせた子供たちに食べてほ…

    (2018年11月16日 02:18)

  • 米中間選挙と女性

     米国の選挙はスリリングである。2大政党の候補者が小選挙区で激突するのは、重量級のボクサーが殴り合うような迫力がある。 2016年の大統領選からは別の意味でスリ…

    (2018年11月9日 02:02)

  • 「菊とバット」と人質

     ルース・ベネディクトの「菊と刀」は日本人論の古典だが、「菊とバット」も面白い本だ。米国出身のロバート・ホワイティング氏が日米のプロ野球を比べて日本人論を展開し…

    (2018年11月2日 02:06)

  • カショギ氏と死のわな

     中東カタールに住む友人はジャマル・カショギ氏に3回会ったという。そう、トルコにあるサウジアラビア総領事館で殺されたとみられるサウジ出身のジャーナリストだ。 自…

    (2018年10月26日 02:13)

  • ヤジディーの悲劇

     ノーベル平和賞の受賞者にイラクの少数派ヤジディー教徒の女性、ナディア・ムラドさん(25)が選ばれた時、本当によかったと思う半面、どこかほろ苦い気持ちがあった。…

    (2018年10月19日 02:06)

  • 短文化社会の病理

     中東出身の40代の男性、仮にAさんとしよう。東京の有名私立大で教える彼は、最近の学生の文章が気になって仕方がない。講義の後で感想を書かせると幼稚な文章が多いか…

    (2018年10月12日 02:47)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです