メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

  • たばこの日本人論

     日本人は「近所迷惑」に敏感な人々だと言っても強い反対はないと思うが、では受動喫煙を防ぐたばこ規制はなぜ進まないのか--。 今月初め、にぎやかな六本木(東京都港…

    (2017年6月23日 02:04)

  • 被爆者 和ママの愛

     「私はギネスブックに載るくらい、世界で一番たくさん子供や孫がいるのよ」 90歳で亡くなった被爆者、据石和(すえいしかず)さんお得意のジョークである。 広島で育…

    (2017年6月16日 02:03)

  • 湾岸諸国は和解を

     「いきなり断交とは深刻だ。長引けば日本にも影響はジワジワ来るでしょう」。ある石油会社のトップは私に言った。産油国カタールに対する8カ国の断交についてである。 …

    (2017年6月9日 02:04)

  • 権力者の夢と悪夢

     「彼らの夢は私の悪夢でした」とモニカ・ルインスキさんが書いている(5月24日ニューヨーク・タイムズ国際版)。ご記憶だろうか。1990年代、クリントン米大統領の…

    (2017年6月2日 02:06)

  • 安倍昭恵氏に問う

     休日の朝、布団の中で雨音を聞いてホッとすることがある。きょうは野良仕事に行かなくていい。父母も家にいるだろう。そんな安堵(あんど)感だ。私事ながら、子供のころ…

    (2017年5月26日 03:35)

  • 狭き門より入れ

     フランスのマクロン新大統領は同国のノーベル賞作家アンドレ・ジッドらがお好きだという。「文化の国」の指導者らしく読書家なのだ。 ジッドは、日本では「狭き門」が有…

    (2017年5月19日 02:26)

  • 腰砕けにご注意を

     トランプ米大統領が就任100日を迎えた4~5月の連休。米国と北朝鮮の物騒な神経戦が続く中、氏の著書や伝記類を読み返すと、いろいろと気になる言葉があった。 「私…

    (2017年5月12日 02:16)

  • ペナンブラと戦争

     脳神経外科を受診して点滴を受ける機会があった。血流をなめらかにして脳卒中を予防する薬らしい。その際、担当医から「ペナンブラ(penumbra)」という耳慣れぬ…

    (2017年5月5日 02:39)

  • ミサイルと平常心

     人騒がせかなと思ったが、内閣府のホームページにも「弾道ミサイル落下時の行動について」などの注意が載るご時世。個人的なミサイル体験を書いておくのも無駄ではなかろ…

    (2017年4月28日 02:12)

  • やまとしうるわし

     奈良で若草山のふもとに宿を取った。長旅に飽きた愛犬は車から猛然と飛び出し、一緒に春日大社の周りを散歩すると、鹿たちが「知らない顔だな」というようにこっちを見て…

    (2017年4月21日 02:36)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 脳卒中 傷ついた細胞を食べ、脳の修復促す細胞を発見
  2. ORICON NEWS 指原、NMB須藤結婚宣言に持論「あのステージで言ったのは間違い」
  3. 子供が好きなキャラ 3年ぶりにアンパンマン バンダイ
  4. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
  5. 身代金ウイルス 逮捕の中3 おもちゃレベルでも作成罪?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです