メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

布施広専門編集委員が国際政治の真相に迫ります。

  • すべての戦闘の母

     イランのロウハニ大統領が7月下旬、獅子の尾をもてあそぶなと米トランプ政権に警告し、イランとの戦いは「すべての戦争の母になる」と語った。心臓に悪い言葉である。 …

    (2018年8月17日 02:14)

  • 北朝鮮からイラン

     「宿題済んだらおやつあげる」と母親が言うと、子供は「おやつくれたら宿題やるよ」。そこで少しだけあげると、子供は「もっともっと」。それを見ていた親戚たちが「そう…

    (2018年8月10日 02:02)

  • つらい鎮魂の季節

     反核運動を続ける川崎哲(あきら)さんから新著をいただいた。「核兵器はなくせる」(岩波ジュニア新書)。ご承知のように、ノーベル平和賞を受けた核兵器廃絶国際キャン…

    (2018年8月3日 02:10)

  • 「虐暑」の夏に思う

     早朝。愛犬と木陰の道を歩くうちに、白い捕虫網を持った2人の少年と出会った。小学生の兄弟らしく、時々木の枝に捕虫網をかぶせては楽しげに笑い合っている。 私もささ…

    (2018年7月27日 02:04)

  • 米最高裁が心配だ

     2000年の米大統領選をご記憶の方も多いだろう。ブッシュ・テキサス州知事(共和党)とゴア副大統領(民主党)が大接戦を演じフロリダ州では疑問票の再集計が延々と続…

    (2018年7月20日 02:03)

  • 米朝は仕切り直せ

     ほぼ1カ月前(6月12日)に米朝首脳会談が開かれた時、多くの日本人は思ったのではないか。北朝鮮は核を捨てて経済発展をめざす戦略的な決断をした。日本も国際支援の…

    (2018年7月13日 02:04)

  • 「幸福のアラビア」?

     世界地図を思い浮かべて、イエメンはこの辺だと言える人は少ないと思う。 その昔、シバの女王が治めた地で、フランスの作家ポール・ニザンの小説「アデン アラビア」(…

    (2018年7月6日 02:10)

  • なぜ「3選確実」なの

     何度でも言わせていただく。米朝首脳会談以降、何となく安穏ムードが漂っているが、日本は一向に安全になっていないのである。 北朝鮮の非核化のめどは依然立たない。そ…

    (2018年6月29日 02:10)

  • 悪魔は細部に宿る

     緊張緩和を喜ぶのにやぶさかではないが、核廃棄の行方が心配だ。1発で何百万人も殺せる兵器だけに、削減・廃棄の交渉は慎重の上にも慎重を期すのが通例である。 たとえ…

    (2018年6月22日 02:11)

  • 皆神山と岸井さん

     米朝首脳会談の3日前、所用で長野市を訪れて郊外の皆神山(みなかみやま)へ足を延ばした。標高約650メートル。山頂部が広く平らで、ブリューゲルが描いた「バベルの…

    (2018年6月15日 02:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです