ベトナム:ズン首相 日本からの原発導入に期待表明

1枚目/1枚中

首脳会談の冒頭、ベトナムのズン首相(右)と握手する野田佳彦首相=東京・元赤坂の迎賓館で2012年4月21日(代表撮影)

 日メコン首脳会議に合わせて来日したベトナムのズン首相は21日、迎賓館で野田佳彦首相と会談し、ベトナム人の看護師や介護士の受け入れなど経済分野で一層の協力を進めていくことを確認した。

 ズン首相は首脳会談に先立ち、東京都内の日本記者クラブで会見し、すでに決定している日本からの原発導入について「(福島第1原子力発電所の)事故を教訓にして、原発の技術を新しい発展段階に持ち上げると信じている」と期待を表明した。

 また、日本の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加については「世界の繁栄や経済連携を加速すると確信している」と改めて支持を表明。「日本の参加は両国の協力の枠組みをより拡大して、双方に実質的な利益をもたらすと信じている」と話した。【金子淳】

最新写真特集