イワシ大量死:千葉・大原漁港に入り込み、200トン

2012年06月05日

1枚目/1枚中

大原漁港に入り込み死んだ大量のイワシを処分する漁業関係者ら=いすみ市提供

 千葉県いすみ市の大原漁港で3日午後、大量のイワシ(片口イワシ)が漁港内に入り込み、4日朝にほとんど死んだ状態になって発見された。漁業関係者から連絡を受けて市農林水産課の職員が3日午後7時ごろ港に到着し確認したところ、イワシの群れは湾内奥の船上げ場まで進入しており、関係者は「港にこんなに大量なイワシが入り込んだのは初めて」と驚いている。

 漁業関係者によると、イワシは総量約200トンにも上るという。4日朝から市や水産加工業者らが死んだ大量のイワシを引き上げたが、まだ海中にも残っているため、5日も引き上げ作業を行う予定だ。イワシは酸欠状態で死んだとみられる。

 鴨川市の水族館「鴨川シーワールド」は「今の時期、イワシは大きな群れで房総半島の沖合を回遊しており、外敵のクジラに追われて沿岸まできたのではないか」と話している。【吉村建二】

最新写真特集