福島第1原発:1号機の汚染水、漏えい箇所特定…2カ所目

2014年05月27日

1枚目/1枚中

福島第1原発1号機の圧力抑制室の外側の配管で見つかった汚染水の漏えい箇所。中央の黒っぽい部分のボルト穴から水が流れ出している=東京電力提供

 東京電力は27日、福島第1原発1号機の格納容器下部にある圧力抑制室の外側の配管に、汚染水の漏えい箇所を確認したと発表した。1号機で漏えい箇所を特定したのは、昨年11月に続き2カ所目。

 漏えいがあったのは、格納容器の圧力を調節するために設けられた配管。管が伸縮する部分の保護カバー(外径約80センチ)のボルト穴から水漏れしている様子がカメラで確認された。東電は28日も1号機建屋内の調査を実施する。【斎藤有香】

最新写真特集