メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族の帰り待ち続け

1枚目/51枚中

岩手県釜石市の海藤エツさん(80)は月命日の朝、果物や飲み物を手に海へと向かう。行方不明の娘、ミネ子さん(当時60歳)を思い、毎月11日になると海に手を合わせている。「世の中にはもっとつらい思いをしている人もいるから泣くのは我慢している」と話す海藤さん。しかし、海に向かって、「ミネ子、どこにいるの。髪一本でもいいからあがって来てちょうだい」と叫ぶと、流れた涙が止まることはなかった=岩手県釜石市で2015年6月11日、佐々木順一撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  3. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 盗撮 新潟大病院で患者を 容疑の元看護師を逮捕 /新潟

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです