メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族の帰り待ち続け

1枚目/51枚中

岩手県釜石市の海藤エツさん(80)は月命日の朝、果物や飲み物を手に海へと向かう。行方不明の娘、ミネ子さん(当時60歳)を思い、毎月11日になると海に手を合わせている。「世の中にはもっとつらい思いをしている人もいるから泣くのは我慢している」と話す海藤さん。しかし、海に向かって、「ミネ子、どこにいるの。髪一本でもいいからあがって来てちょうだい」と叫ぶと、流れた涙が止まることはなかった=岩手県釜石市で2015年6月11日、佐々木順一撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陰線 「空の駅」にエレベーター 来年9月完成へ 兵庫
  2. 博多駅 「Kis−My−Ft2」ラッピング列車の出発式
  3. くまモン 巨大地上絵が登場…熊本地震支援に感謝
  4. プロ野球 阪神、9選手に戦力外通告
  5. 独メルケル首相 「やり直したい」難民政策の誤り認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです