メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 宮城・南三陸 包丁で幸せ取り戻す

8枚目/10枚中

「しお彩号」の最後の日となった「南三陸・復興市」。常連客が次々と惣菜を求めて、午前中に全てが売り切れた。津波で壊された「しお彩」の写真(手前)も車体に貼られていた=宮城県南三陸町で2016年12月29日、梅村直承撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです