メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1枚目/9枚中

東日本大震災から6年半を迎えた11日、福島県いわき市の沿岸部で地元住民らが慰霊碑の前で犠牲者に手を合わせた。津波被害があった同市薄磯地区は防潮堤やかさ上げ工事が進み、高台には住宅建設も始まっている。同地区で旅館を営む鈴木幸長さん()は「薄れる記憶もあるが、月命日に手を合わせ犠牲者を忘れてはいけない」と話す=福島県いわき市で2017年9月11日午前8時40分、小出洋平撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 和田正人&吉木りさが結婚発表 “いい夫婦の日”に婚姻届提出「笑顔のたえない家庭を」
  2. 四日市の工場爆発 3年 三菱マテリアル社員ら安全を誓う /三重
  3. WEB CARTOP 最近のクルマがスペアタイヤを積まない理由とは?
  4. プロ野球 京大出身の田中英が引退 大手商社へ就職
  5. 阿波踊り 赤字解消へ 徳島市と弁護士らが観光協会を調査

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです