メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 被ばくの影響を追え 福島の沿岸部

1枚目/9枚中

東京電力福島第1原発から南に約1・2㌔の海岸で、国立環境研究所の堀口敏宏博士(53)は波消しブロックのすきまにもぐり込み、イボニシを採取する。干潮に合わせるため、時間は限られている=福島県大熊町で2018年2月20日、小出洋平撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  3. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  4. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです