メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 被ばくの影響を追え 福島の沿岸部

1枚目/9枚中

東京電力福島第1原発から南に約1・2㌔の海岸で、国立環境研究所の堀口敏宏博士(53)は波消しブロックのすきまにもぐり込み、イボニシを採取する。干潮に合わせるため、時間は限られている=福島県大熊町で2018年2月20日、小出洋平撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです