メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

先住民族

台湾で「ニホンゴ」今も 統治名残、母語と融合

2枚目/7枚中

住民にニホンゴ(宜蘭クレオール)について聞き取り調査をする東華大の簡月真准教授(左)と大阪大の真田信治名誉教授(右)=台湾北東部・宜蘭県東岳村で2018年4月9日午前11時39分、福岡静哉撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです