メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイト

680世帯分、池で浮かせる

1枚目/7枚中

注目を集める再生可能エネルギー。中でも太陽光発電は増加傾向にあり、近年では、ため池にソーラーパネルを浮かべた発電所も稼働している。水不足対策としてため池が多く造られてきた香川県さぬき市。「東王田池ソーラー発電所」(設置面積約4万平方㍍)が7月から運転を始めた。日本アジア投資(東京都千代田区)が中心となって設置し、年間発電量は一般家庭約680世帯分に相当する約301万キロワット時を見込む。大規模な太陽光発電所を巡っては、造成工事による周辺環境への影響も懸念される。ため池はそういった工事が不要で、周辺に日光を遮るものもなく、機器類の冷却効果も高い。効率よく電気を生み出すと期待される=香川県さぬき市で2018年8月30日、小型無人機で山崎一輝撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです