メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
インサイト

680世帯分、池で浮かせる

1枚目/7枚中

注目を集める再生可能エネルギー。中でも太陽光発電は増加傾向にあり、近年では、ため池にソーラーパネルを浮かべた発電所も稼働している。水不足対策としてため池が多く造られてきた香川県さぬき市。「東王田池ソーラー発電所」(設置面積約4万平方㍍)が7月から運転を始めた。日本アジア投資(東京都千代田区)が中心となって設置し、年間発電量は一般家庭約680世帯分に相当する約301万キロワット時を見込む。大規模な太陽光発電所を巡っては、造成工事による周辺環境への影響も懸念される。ため池はそういった工事が不要で、周辺に日光を遮るものもなく、機器類の冷却効果も高い。効率よく電気を生み出すと期待される=香川県さぬき市で2018年8月30日、小型無人機で山崎一輝撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです