メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発事故

福島・大熊町で一部避難指示解除 住民の帰還意欲低下、課題は山積

1枚目/14枚中

避難指示が解除された日の朝、自宅前で飼い犬フクの世話をする佐藤右吉さん(79)。避難先の同県会津若松市との間を行き来しながら帰還の準備を進めてきた。他の住人が戻ってきやすくなればと、敷地内には、菊などの花を植えてきれいに整える。まだひっそりとした町並みに「俺がいるからお茶のみに来い、と言いたいね」=福島県大熊町の大川原地区で2019年4月10日午前6時5分、渡部直樹撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです