メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災8年半 雄勝の灯、つなぐ若い力 修業積み地域に溶け込む 19歳と24歳、漁師志し移住

1枚目/6枚中

佐藤一さん(奧)の「大洋丸」にホタテを引き上げる作業を終えて港に戻る時間は冨樫翔さん(手前)と三浦大輝さん(左)にとって「ちょっと一息つける時」。朝焼けの光を浴びながら、好きな筋トレや車の話に興じていた=宮城県石巻市雄勝町で2019年8月26日午前5時、和田大典撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです