メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎の倉庫に眠る「幻の美人」をそっと学芸員がご紹介 間違い探しも

1枚目/6枚中

現在は再現不可能という飾り棚。いつもは見られない裏面には浮世絵風の美人画が描かれている=長崎市立山1の長崎歴史文化博物館で2019年9月22日午後1時4分、今野悠貴撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 桜を見る会中止 首相「私の判断」

  4. 桜を見る会 「ヒラ議員枠」は1議員4人 閣僚は「10~40人」枠

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです