「やさしくて力持ち」JR九州初のハイブリッド車両「YC1系」公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[2/5]
  • JR九州が3月14日から長崎県内で導入する「YC1系」=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影
    JR九州が3月14日から長崎県内で導入する「YC1系」=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影 記事本文を読む
  • 長崎県内を走る車両では初導入となる「スマートドア」について説明するJR九州長崎支社の職員=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影
    長崎県内を走る車両では初導入となる「スマートドア」について説明するJR九州長崎支社の職員=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影 記事本文を読む
  • JR九州が3月14日に長崎県内に導入する「YC1系」=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影
    JR九州が3月14日に長崎県内に導入する「YC1系」=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影 記事本文を読む
  • 「YC1系」の内装。遠くからでも分かるよう優先席前の手すりを違う配色にしている=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影
    「YC1系」の内装。遠くからでも分かるよう優先席前の手すりを違う配色にしている=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影 記事本文を読む
  • JR九州の新型車両「YC1系」の内装。デザインは「ななつ星」などで知られるデザイナーの水戸岡鋭治氏が手がけた=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影
    JR九州の新型車両「YC1系」の内装。デザインは「ななつ星」などで知られるデザイナーの水戸岡鋭治氏が手がけた=長崎市のJR長崎駅で2020年1月20日、浅野翔太郎撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

次に読みたい

注目の特集