メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新編集講座ウェブ版

  • (119)整理記者の特ダネ  ロッキード事件

    「スクープ」と聞くと、取材記者の活躍が目に浮かびますが、紙面を編集する整理記者にも「特ダネ」があります。10月16日に仙台で新聞大会が開かれ、新聞協会賞が授与さ…

    (2018年10月15日 10:00)

  • (109)ごみ問題か、首相演説か  夕刊の紙面改革

     10月15日から新聞週間(新聞の役割を社会に伝えるため、各種行事が行われる)が始まります。そこで、以前の新聞週間記念の連載から、私が書いた回を掲載しました。当…

    (2018年10月01日 10:00)

  • (108)第2室戸台風と洞爺丸沈没 

     9月に入り、関西空港が水没した台風21号や、北海道で震度7を記録した地震など、大きな災害が続きました。大地震での紙面制作は何度か取り上げたことがあるので、ここ…

    (2018年09月15日 10:00)

  • (107)爆発だ、全バラだ 初めて編集者になった頃 4

     今からちょうど33年前の1985(昭和60)年9月1日。私は初任地の宇都宮支局から東京本社整理本部(現・情報編成総センター)に異動しました。それまでの外勤記者…

    (2018年09月01日 10:00)

  • (105)夕刊記事を朝刊で「おさらい」

     きょう8月15日は終戦記念日。政府主催の全国戦没者追悼式が開かれ、天皇陛下がおことばを述べられます。追悼式は正午前に始まるのが通例で、記事は夕刊に掲載されます…

    (2018年08月15日 10:00)

  • (105)現地で語る見出し論 支局訪問記

     私は大阪本社編集制作センター室長時代、地方支局に足を運び、地域面について意見を聞きました。現地記者から見出しや扱いに関し耳の痛い声が出る一方、私からも紙面改善…

    (2018年08月01日 10:00)

  • (104)伝統か改革か 紙面レイアウトを問う

     ニュースの価値判断や見出し考案力とともに新聞編集者に求められる資質に、紙面の割り付け(レイアウト)能力があります。記事や写真類の分量を頭に入れつつ、メリハリの…

    (2018年07月15日 10:00)

  • (103)神は細部に宿る 削りの基本

     新聞紙面には物理的制約があります。新しいニュースが飛び込んできたら、それまで入っていた記事を短く削らないといけません。容量が事実上無限のネットに比べて不便なよ…

    (2018年7月1日 10:00)

  • (102)W杯初出場と拓銀破綻 紙面の価値判断

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕です。日本のW杯初出場は1998年フランス大会。私はスポーツ面編集者でしたが、本大会出場決定と北海道拓殖銀行(拓…

    (2018年06月15日 10:00)

  • (101)地元の息遣いを伝えて 地域傾斜編集

     新聞編集の特徴をお伝えするシリーズ4回目。今回は、地域傾斜編集、つまり発行本社によって紙面の内容や扱いが変わることを、実際の紙面を示しながら、ご説明します。こ…

    (2018年06月01日 10:00)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです