デジタル毎日タブレットセット(M1)ご利用に当たっての重要説明書

平成27年6月1日
株式会社 毎日新聞社

デジタル毎日タブレットセット(M1)をご購入ご利用前に本書を十分にお読みになり、ご理解の上ご購入ご利用下さい。当社は、記載内容について契約者が同意したとの条件の下、本サービスを提供致します。

◎デジタル毎日タブレットセット(M1)の定義

デジタル毎日タブレットセット(M1)とは以下の要素で構成され最低利用期間を設けて提供されるサービスである。
1.デジタル毎日
2.情報通信端末(ファーウェイ社製 M1型8インチタブレット型パソコン)
3.デジタルデータ通信サービスおよびそのサービスを受けるための貸与機器(マイクロSIMカード)
*本デジタルデータ通信サービスは、株式会社毎日新聞社が電気通信事業者として総務省に届出を行い提供するサービスです。サービスの内容は下記の通りです。

【サービスの内容】
NTTドコモが提供するSC-FDMA方式、OFDMA方式又はDS-CDMA方式による伝送交換設備を用いた移動無線通信に係る通信網を利用して、インターネットプロトコルによる相互通信等を提供する、当社が定める仕様に基づくサービスであって、次に従って区分されるもの。
◎形状区分 microSIM(形状をmicroSIMとするSIMカードを当社が貸与するもの)
◎機能区分 データ通信機能(インターネットプロトコルによる相互通信を利用できるSIMカードを当社が貸与するもの。この区分に該当するSIMカードを「データ通信専用SIMカード」といいます。)

1 最低利用期間および契約内容の変更等

デジタル毎日タブレットセット(M1)(以下、本サービスという)の最低利用期間は、お申し込み月の翌月1日から24ヶ月後の月の末日までの期間とします。また、別途定める場合を除きこの期間内に契約内容の変更、契約の停止・解除はできません。
なお、最低利用期間満了以降のご利用継続や解約等に関する意志確認のため、期間満了の事前に個別の電子メール等によりその旨お知らせします。

2 契約者の義務又はサービス利用の要件

(1) 契約者が本サービスにおいて使用するIPアドレスは、当社が指定します。契約者は、当該IPアドレス以外のIPアドレスを使用して本サービスを利用することはできません。
(2) 契約者は、当社が提供する情報通信端末、貸与機器(SIMカード、その他当社が貸与機器として指定する物品をいいます。以下本別紙において同じとします。)以外の端末を用いて本サービスの利用、通信を行ってはならないものとします。
(3) 契約者は、当社が貸与する貸与機器につき、次の事項を遵守するものとします。
 (i)当社の承諾がある場合を除き、貸与機器の分解、損壊、ソフトウェアのリバースエンジニアリングその他貸与機器としての通常の用途以外の使用をしないこと
 (ii)当社の承諾がある場合を除き、貸与機器について、賃与、譲渡その他の処分をしないこと
 (iii)日本国外で貸与機器を使用しないこと
 (iv)貸与機器を善良な管理者の注意をもって管理すること
(4) 契約者は、次に掲げる事由に該当するときは、遅滞なく貸与機器を当社に返還するものとします。この場合の返送料は契約者負担とします。
 (i)本サービスに係る契約が事由の如何を問わず終了した場合
 (ii)前記に掲げる他、貸与機器を利用しなくなった場合
(5) 契約者は、貸与機器に故障が生じたときは、可及的速やかに当社が定める方法によりその旨を当社に通知すると供に当該貸与機器を当社に返還するものとします。
(6) 貸与機器の故障が契約者の責によるものである場合には、契約者は、当社に対し、当該貸与機器の回復に要する費用として当社が定める金額を支払うものとします。この場合の返送料は契約者負担とします。
(7) 契約者は、貸与機器を亡失した場合は可及的速やかに当社が定める方法により当社に通知するものとします。
(8) 契約者は、当社に対し、亡失品(第7号及び第8号に定める返還がなかった場合の当該移動無線機器を含みます。)の回復に要する費用について、亡失負担金として当社が定める金額を支払うものとします。
(9) 亡失品は、契約者の責任において、法律に従って処分するものとし、亡失品が発見される等の事情により当社に対して返還又は送付された場合であっても当社に支払われた亡失負担金は返金しないものとします。
(10) 契約者は、本サービスに係る契約において当社から提供を受けた役務、貸与機器、その他一切について第三者に販売(有償、無償を問わず、また単に第三者に提供する場合も含みます。以下同じとします。)してはならないものとします。
(11) 契約者は、データ通信専用SIMカードによって利用可能な機能が、必ずしもNTTドコモが提供する類似サービスと同一の仕様ではないことについて、あらかじめ同意するものとします。当社から提供されるデータ通信機能の仕様は、当社が別途開示するものとします。
(12) 本サービスにおいては、第15条(利用の制限)及び第17条(利用の停止等)に定めるほか、本サービスの品質及び利用の公平性の確保を目的として、契約者の一定期間内の通信量が当社の別途定める基準を超過した場合において、契約者に事前に通知することなく通信の利用を制限する場合があり、契約者はあらかじめこれに同意するものとします。
(13) 本サービスの移動無線通信網に接続する情報通信端末は、本サービスに含まれる情報通信端末(M1)に限ります。他の情報通信端末の利用における不具合等全ての問い合わせについて当社サポート外とします。
(14) 本サービスに含まれる情報通信端末(M1)のメーカー保証期間は購入申込後1年間であり、それ以降の故障修理等はその送付料も含めメーカーによる実費対応となります。また、保証期間内であっても契約者の不注意による破損や消耗品の交換等保証の対象外となる場合があります。なお、上記の場合、情報端末内に格納されているソフトウェアやご自身で保存した写真や文書等のデータが消失する場合がありますが、これらは保証の対象とはなりません。
(15)本サービスに含まれる情報通信端末や貸与機器の交換や修理、その他通信設定等問い合わせについては、新聞販売店等で承ることはできません。

3.返品・交換

(1) 本サービスにおいて、お申し込み後または商品到着後契約者の都合で返品することを希望される場合には、商品到着後8日以内(8日目が当社サポート休業日であればその前の営業日)までに当社サポートセンターまで電話でお申し出下さい。未使用で宅配外箱も含め梱包未開封の商品に限り返品を受け付けます。なお、その場合、返品送料は契約者負担となり、また、初期手数料は返還されません。お申し出が9日以上経過した場合は、理由のいかんにかかわらず、返品を受付いたしません。
(2) 商品の品質については万全を期しておりますが、万一、初期不良品(取り扱いに問題が無いにも関わらず起動できないなどの不良品および配送中に破損があった商品)などの瑕疵がある商品が届いた場合には、商品到着後8日以内に当社サポートセンターへ電話ご連絡くいただき、その上で14日以内に到着しますようサポートセンターまで返送ください。当社で商品の初期不良を確認次第、無償で商品を交換させていただきます。なお、初期不良が発生した場合、交換ではなく修理対応となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。この場合、交換送料は弊社負担とします。

4 デジタルデータ通信サービスについて

(1) 本サービスに係る通信サービスの内容
本サービスの回線速度は、下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsとなりますが、お客様がご利用されるエリアによって、最大回線速度は異なります。サービスエリアの詳細につきましては、NTTドコモのホームページをご確認ください。また、回線速度はお客様がご利用される対応機器のスペックやご利用される場所、ネットワークの混雑状況など、環境に応じて変化します。
本サービスにおいて月間データ通信容量の基準値(7GB/月) を設定しており、通信利用量が基準値を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限させていただきます。
なお、記載の回線速度は理論値です。本サービスに係る通信サービスはベストエフォート型通信サービスであり、当社は通信速度を保証しません。 無線ネットワーク区間における技術的な制約により通信速度が制限される場合があり、当社はその速度を保証しません。
*本サービスにおいて提供される端末の通信速度は、下り150Mbps/上り50Mbpsとなります。
(2) 本サービスに係る通信サービスの変更
本サービスにおけるデジタルデータ通信サービスは、音声通話サービス等への変更はできません。
(3) 設定
本サービスをご利用になるためには、同梱されている情報通信端末を当社指定のアクセスポイントに接続する設定(APN設定)が必要になる場合があります。
(4) 対象端末の限定
同梱されている端末以外の端末の貸与機器の動作については、サポートサービスの対象外となります。また、それに起因する貸与機器の故障や破損の場合は、有償での修理・交換となります。
(5) SIMの変更
SIMカードのサイズ変更はできません。
(6) NTTドコモの提供するサービスについて
本サービスでは、NTTドコモが独自に提供するサービス(spモード、iモードメールなど)はご利用いただけません。
(7) 通信品質
1. 無線ネットワーク区間における通信が輻輳し、かつ特定の契約者回線から著しく大量または多数の通信があったと当社が認めた場合、その契約者回線からの利用を中止、もしくは通信の一部を制限する措置を取る場合があります。
2. UDPを利用した著しく大量、または多数の通信が行われ、当方が提供するサービスを直接または間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与えうると当社が認めた場合、当該通信の一部または全部を制限する措置を取る場合があります。
3. ネットワークの品質・公平性の確保を目的とするため、契約者回線あたりの通信量が以下の基準を超過した場合、以下に定める制限期間を通じ、当該契約者回線の通信速度の制御を行う場合があります。
◎基準制御期間=上り下り合せて3日間で366MB(300万パケット相当) 翌日の24時間
なお、本サービスには品質保証制度はありません。
(8) プロトコル制限
 1. 不特定の契約者による、特定の通信プロトコルを用いた著しく大量、または多数の通信が、当方の設備、ネットワーク接続装置に著しい負荷を与え、当方が提供するサービスを直接又は間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を実に与えた、もしくは与えることが不可避であると当社が認めた場合、当該プロトコルによる通信を禁止、又は一部を制限する措置を取る場合があります。
2. 1に該当するものを除き、本サービスを利用してお客様が通信を行うにあたり、当社はそのIP通信のプロトコルに関する制限は行いません。
(9) 帯域専有行為の禁止
 1. 長時間に渡り継続的な通信を行うことで、当方の設備・ネットワーク接続装置に設定された帯域を専有する行為は禁止します。
 2. 前項に該当する通信を行った場合、当社は当該契約者回線からの接続を切断し、かつ前項に該当する通信が今後行われないと当社が認めるまでの間、当該契約者回線からの接続を拒否する場合があります。
(10) 接続時間
一定時間以上に渡って接続を継続するなど、当方の設備を占有しサービス提供に支障をきたすと判断される場合には、当該接続を切断する場合があります。
(11) 本サービスで提供する以外の接続及び通信の禁止
 1. 本サービスで提供するSIMカードを用いて、本サービスにて提供する以外の接続先へ接続すること、または本サービスにて提供する以外の通信先へ通信を行うことはできません。
 2. 前項から逸脱する接続及び通信が行われた場合、当社は当該の接続を切断、もしくは当該回線の停止を行う場合があります。
(12) メンテナンス
本サービスに係るデジタル通信サービス提供者である㈱インターネットイニシアティブの設備メンテナンスによるサービス停止、または障害が発生した場合は、当社ウェブサイトにサービス停止情報または障害情報を掲載します。また、通常、サービス停止の場合は2週間前までにご連絡しますが、サービス運用上のやむを得ない理由がある場合はこの限りではありません。
(13)障害情報
通信に係る障害情報は下記より確認ください。
◎NTTドコモ https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/disclosure/mvno/user/index.html

5 契約の内容を変更することができる事項(第12条関係)

本サービスにおいて、解約手数料及び違約金を支払うことで最低利用期間満了未満での契約の解除が可能です。その場合の解約手数料は、10,260円(本体9,500円)、違約金は、解除の効力が発生した月ごとに下記の通り定めます。

解約月違約金(税別)
初月申し出77520
274290
371060
467830
564600
661370
758140
854910
951680
1048450
1145220
1241990
1338760
1435530
1532300
1629070
1725840
1822610
1919380
2016150
2112920
229690
236460
243230

2. 解除の効力が発生する日は、その申出が当該月の15日(15日が土日祝祭日だった場合はその直前の平日)まではその月末をもって、16日以降は翌月末の解除となります。
3. 一括払いの場合の中途解約については、上記違約金を元に算出の上、返金分が発生した場合には、契約者指定の銀行口座に申出から60日以内にお振り込みにより返金致します。その場合のお振り込み手数料は、契約者負担と致します。

6 本サービスの種類毎に定める料金(第21条第1項関係)

本サービスにおいては、初期費用、一括または月額分割料金のほか、契約者が支払いを要する費用として次に定める料金があります。
(1) 貸与機器の回復に要する費用
SIMカードの故障の場合(自然故障であるか否かを問わないものとする)にあっては、1SIMカードにつきSIMカード再発行手数料として3,240円(本体価格3,000円)
(2) 亡失負担金
本サービスにおいては、亡失負担金は、SIMカード再発行手数料として請求するものとします。
(3) 上記におけるSIMの梱包送付料(発送先及び希望の送付手段により個別算出)

7 初期費用の額(第23条関係)

本サービスの初期費用の額は、次に定めるとおりとします。
◎デジタル毎日タブレットセット(M1) 初期費用 3,240円(本体価格3,000円)

8 利用料金の額

デジタル毎日タブレットセット(M1)の利用料は、次に定めるとおりとします。
◎デジタル毎日タブレットセット(M1) 129,082円(本体価格119,520円)
              *24回分割払いの場合 月額5,378円(本体価格4,980円)
◎最低利用期間を経た後の利用金額 月額5,378円(本体価格4,980円)

9 本サービスの利用料金に含まれる内容

上記8に含まれる内容は以下の通り
(1)「デジタル毎日」の購読料(申込翌月から24ヶ月分)
(2)情報通信端末代金(一括払いもしくは24回の支払で完了します)
(3)別途定める仕様のデジタルデータ通信サービス(申込翌月から24ヶ月間の利用料)
(4)ユニバーサルサービス料(申込翌月から24ヶ月分)

【備考】

ユニバーサルサービス料とは、電気通信事業法第7条の規定により、国民生活に不可欠であるためあまねく日本全国おける提供が確保されるべきものとして定められたユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、110番・119番等の緊急通報をいいます。)の提供を確保するために必要な負担金をいい、当社は、契約者が使用している契約者識別番号(当社が定めるものであって当社が貸与するSIMカード毎に設定する一意の番号をいいます。)の数に比例した額について当該契約者から当該額を徴収させていただくものとします。なお、当該額は変更される場合があり、変更後の額は、基礎的電気通信役務支援機関が発表する単価に基づきNTTドコモが当社に請求するユニバーサルサービス料の単価に従うものとします。この場合においては、当社は、変更の日の前日までにwebサイト上で通知を行うものとします。

10 本サービスの同一契約者の申込個数の上限

本サービスの利用において、同一契約者の申込個数総数の上限を5と定めます。

11 利用不能の場合における料金の調定(第26条第2項関係)

本サービスにおいては、データ通信サービスが全く利用できない状態が貸与機器の故障によるものである場合は、当該貸与機器の故障が当社の責めに帰すべき事由により生じたものであるか否かにかかわらず、第25条(利用不能の場合における料金の調定)第1項の減額規定は適用されず、料金の減額等返金は行われません。

12 保証の限定(第35条関係)

本サービスは、NTTドコモが提供するドコモの移動無線通信に係る通信網において通信が著しく集中したとき、電波状況が著しく悪化した場合又はその他NTTドコモの定めに基づき、通信の全部又は一部の接続ができない場合や接続中の通信が切断される場合があり、当社は、当該場合において契約者又は第三者に発生した損害について何ら責任を負うものではありません。その他、本サービスは、その通信の可用性、遅延時間その他通信の品質について保証するものではありません。
2.別途表示の通信速度等は理論値であり、ご利用時の速度は、利用環境や回線の混雑状況によって大幅に低下することもあり通信速度を保証するものではありません。
3. 本サービスに含まれる情報通信端末の保証は、メーカー保証書に記載の条件による者とします。また保証の保証期間内であっても契約者の不注意による破損や消耗品の交換等保証の対象外となる場合があります。なお、上記の場合、情報端末内に格納されているソフトウェアやご自身で保存した写真や文書等のデータが消失する場合がありますが、これらは保証の対象とはならず当社は責任を負いません。

 本サービスに関するお問い合わせ先

○通信設定、解約や返品、オプションサービス等、タブレットセット全般について
・デジタル毎日タブレットセットサポートセンター
0120-968-237(固定電話から=無料) 050-3734-4961(携帯電話・PHS等から=有償)
受付時間(年末年始休み) 平日  9:00-19:00 土日祝 9:00-18:00

○毎日新聞のコンテンツサービスや毎日ID等に関して
・毎日新聞愛読者センター
0120-949-528(固定電話から=無料) 050-5855-1410(携帯電話・PHS等から=有償)
受付時間(年末年始、土日祝休み)平日  10:00-17:00