メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

石田衣良さんの連載小説「炎のなかへ」は、太平洋戦争末期の1945年3月10日、東京大空襲のさなか、家族を救おうと奮闘する少年の物語です。石田さんが初めて戦争に取り組むファンタジー小説。挿絵は「ドラゴンヘッド」などで知られる漫画家、望月ミネタロウさんです。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです