メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

石田衣良さんの連載小説「炎のなかへ」は、太平洋戦争末期の1945年3月10日、東京大空襲のさなか、家族を救おうと奮闘する少年の物語です。石田さんが初めて戦争に取り組むファンタジー小説。挿絵は「ドラゴンヘッド」などで知られる漫画家、望月ミネタロウさんです。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです