メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

  • 流動化する北朝鮮=京都大教授・中西寛

     ◇国際環境変化に備えを 中西寛(ひろし) 北朝鮮の指導者、金正恩(キムジョンウン)氏の異母兄で、前指導者、金正日(ジョンイル)氏の長男である金正男(ジョンナム…

    (2017年02月26日 02:41)

  • テロ等準備罪=作家・中島京子

     ◇一般市民監視の危険性 もう3年以上前のことになるが、国会では「特定秘密保護法案」が審議されていた。この法律が国民の知る権利や報道の自由を侵害する危険があるこ…

    (2017年02月19日 02:33)

  • 天下りとキャリア官僚=増田寛也・元総務相

     ◇多様な働き方に転換を 多くの総理大臣を輩出した戦前の高等文官試験の流れをくむ現在の「キャリア官僚」制度も、いよいよ曲がり角を迎えたといえよう。難関の試験を突…

    (2017年02月12日 02:58)

  • 科学技術の発達=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

     ◇誰がどう制御するのか 携帯電話が発明され、急速に普及した後、その発する電波が心臓ペースメーカーの害になるということが指摘された。しかし、世の中はもう進んでし…

    (2017年01月29日 02:46)

  • 社会問題の判断基準=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

     ◇民主主義的決定と民度 昨年5月、筆者の当欄への寄稿でも同じことを書いたのだが、みなさんは現実社会の問題について判断する時、何を基準やよりどころにされるだろう…

    (2017年01月22日 02:17)

  • 核廃絶の理想と現実=京都大教授・中西寛

     ◇「兵士の視点」も理解を 中西寛(ひろし) 冷戦末期、物理学者であると同時に戦時中に英国の戦略爆撃計画に携わったフリーマン・ダイソンは「兵器と希望」(邦題「核…

    (2017年01月15日 02:19)

  • 新年の風の中で=作家・中島京子

     ◇考えたい「棒の如きもの」 お正月の三が日、東京は快晴で、小林一茶なら「上々吉(じょうじょうきち)の浅黄空」と詠んだかもしれない、美しい澄んだ空が見られた。こ…

    (2017年01月08日 02:03)

  • グローバル化と危機=増田寛也・元総務相

     ◇日本からの発信に期待 初めてフランクルの「夜と霧」を読んだのは高校生の時だった。ナチス強制収容所という極限状態の中での人間の尊厳の描写に、深い感動を覚えた。…

    (2016年12月25日 03:29)

  • 自由・平等・福祉の論じ方=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

     ◇生物的性差、基礎知識に クジャクというと、普通は誰もが雄のクジャクを思い浮かべるだろう。そう、あの美しい長い飾り羽を広げた姿である。もしかすると、雌のクジャ…

    (2016年12月11日 02:35)

  • 首都圏の高齢化=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

     ◇まず正確な事実認識を 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が辞任の方針を示した11月29日、筆者はたまたま講演先のソウルにいた。「騒乱に気をつけて」と言われて日本…

    (2016年12月04日 02:50)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビートたけし 劇場版アニメ隆盛に危機感 相次ぐヒットに「圧倒的に差をつけられた」
  2. ラブライブ!サンシャイン!! テレビアニメ2期の制作決定&今秋放送へ 「Aqours」横浜アリーナ公演で発表
  3. 京王線 中学生、ホームから転落 レール間うつぶせで無事
  4. 金正男氏殺害 「監視カメラ停止」誤信か 手配の男ら、空港下見し確認
  5. 地震 福島県いわき市で震度4=27日午前0時3分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです