メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 毎日歌壇 投稿フォーム
    • いわて文園 上期賞決まる /岩手

       1~6月の投稿作品を対象にした今年のいわて文園上期賞が決まりました。秀作の中から、短歌の菊澤研一先生、俳句の大畑善昭先生、川柳の熊谷岳朗先生がそれぞれ選定。短…

      (2017年9月23日 11:28)

    • 季語刻々 つきぬけて天上の紺曼珠沙華

       ◆昔 ◇つきぬけて天上の紺曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 山口誓子 「つきぬけて天上の紺」は突き抜けたような高い青空。その下に真っ赤な曼珠沙華の咲いている光景だ。…

      (2017年9月23日 02:43)

    • 原爆忌全国俳句大会 大賞に能勢さん 京都 /滋賀

       第51回原爆忌全国俳句大会(毎日新聞京都支局など後援)がこのほど、京都市北区の立命館大学国際平和ミュージアムで開かれ、入賞句が決まった。 全国150人から寄せ…

      (2017年9月22日 15:35)

    • 季語刻々 崖を血の流れきしごと曼珠沙華

       ◆今 ◇崖を血の流れきしごと曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 関悦史 「花咲く機械状独身者たちの活(いけ)造り」(港の人)という怪奇な題の句集から引いた。この句に並…

      (2017年9月22日 03:34)

    • 刊行
      『大阪の俳人たち7』大阪俳句史研究会 作風や個性、世代や結社超えて

       大阪俳句史研究会(宇多喜代子代表理事)が、関西ゆかりの俳人の歩みや作風を紹介してきたシリーズの最新刊『大阪の俳人たち 7』(和泉書院・2808円)=写真=がこ…

      (2017年09月21日 17:18)

    • 季語刻々 秋風や眼中のもの皆俳句

       ◆昔 ◇秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子 秋風に吹かれているすべてのものは俳句に詠める、という句か。虚子は自然も人間も季節(四季)のうちにある、と主張、俳句を…

      (2017年9月21日 03:15)

    • 季語刻々 浜風に一喜一憂若き日々

       ◆今 ◇浜風に一喜一憂若き日々 江夏豊 作者は元プロ野球の名投手。この句、木割大雄さんの句集「俺」によると、大阪のラジオ番組に出演した江夏さんが放送中に作った…

      (2017年9月20日 03:21)

    • 萩まつり 秋風に揺れる花々 上京・梨木神社 /京都

       ハギの名所として知られる京都市上京区の梨木神社で18日、恒例の萩(はぎ)まつりが始まった。境内の約500株、1万本以上のハギは赤や白の花が少しずつ咲き始め、2…

      (2017年9月19日 14:15)

    • 宮若全国俳句大会
      一般の部は長崎県・壽福院さん グランプリなど表彰式 /福岡

       ◇中学生の部・功刀さん(粕屋中)、小学生の部・大川さん(志免中央小) 第16回宮若全国俳句大会(実行委主催、毎日新聞社など後援)の表彰式が18日、宮若市脇田の…

      (2017年09月19日 13:43)

    詩の橋を渡って

    詩歌の森へ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高速バス 東北道で運転手が意識失い急死 乗客が止める 
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し
    4. 恐喝未遂容疑 仁科亜季子さんに現金要求 男3人逮捕
    5. フィギュア 羽生「12って何だろう」 会見一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです