メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 毎日歌壇 投稿フォーム
    • 季語刻々 とりわくるときの香もこそ桜餅

       ◆昔 ◇とりわくるときの香もこそ桜餅 久保田万太郎 昨日は「大阪の見える高台鶯餅(うぐいすもち)」(小川弘子)を紹介したが、万太郎は東京の情緒を巧みに詠んだ俳…

      (2017年3月26日 03:27)

    • 季語刻々 大阪の見える高台鶯餅

       ◆今 ◇大阪の見える高台鶯餅(うぐいすもち) 小川弘子 鶯餅、草餅、桜餅、そして、あんパン、チョコレート、ドーナツなどが早春にはことにうまいと私は思う。早春は…

      (2017年3月25日 03:04)

    • 季語刻々 亀鳴くとうつつごころのなかりけり

       ◆昔 ◇亀鳴くとうつつごころのなかりけり 森澄雄 昨日は森潮(うしお)の「亀鳴くを聴くは俳人ばかりなり」を話題にしたが、澄雄は潮さんの父である。親子で季語「亀…

      (2017年3月24日 03:01)

    • 季語刻々 亀鳴くを聴くは俳人ばかりなり

       ◆今 ◇亀鳴くを聴くは俳人ばかりなり 森潮(うしお) 季語「亀鳴く」は季語中の季語かもしれない。亀は鳴かないのだが、俳人たちは、春の亀は鳴くと理解し、それを俳…

      (2017年3月23日 03:52)

    • 季語刻々 囀りつ翔ちひかりつつ塔去らず

       ◆昔 ◇囀(さえず)りつ翔(た)ちひかりつつ塔去らず 桂樟蹊子(しょうけいし) この句の「塔」は、たとえば古刹(こさつ)の三重塔や五重塔だろう。あるいは、学校…

      (2017年3月22日 03:02)

    • 佐佐木信綱祭短歌大会 業績しのび作品募集

       歌人で国文学者の佐佐木信綱の業績をしのぶ「第43回佐佐木信綱祭短歌大会」(「心の花」主催)が「自由題」と「題詠」部門で作品を募集している。 同短歌大会は6月1…

      (2017年3月21日 15:04)

    • 文協俳句大会
      知事賞に山崎さん 入賞者を表彰 /和歌山

       第3回文協俳句大会(和歌山文化協会主催、毎日新聞和歌山支局など後援)の表彰式が20日、和歌山市伝法橋南ノ丁の市民会館であった。応募作177句から選ばれた入賞1…

      (2017年03月21日 13:01)

    • 句会ライブ 俳句の奥深さ400人堪能 夏井いつきさん指導 伊勢 /三重

       テレビ番組の俳句コーナーで辛口批評が人気の俳人、夏井いつきさんを招いた「伊勢神宮俳句会~夏井いつき 句会ライブ~」(毎日新聞社主催)が20日、伊勢市宇治中之切…

      (2017年3月21日 12:19)

    • 季語刻々 囀れる鳥の名五つなら言へる

       ◆今 ◇囀(さえず)れる鳥の名五つなら言へる 大石悦子 ウグイス、ヒバリ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ……。あっ、スズメも。かろうじて私も五つ言えたが、実は小…

      (2017年3月21日 03:22)

    詩の橋を渡って

    詩歌の森へ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 進撃の巨人 TGCでコラボステージ ダレノガレ、古川雄輝が兵団ジャケットで「心臓を捧げよ!」
    2. 森友問題 「首相が火に油」維新・松井氏が言及
    3. 暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上
    4. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬
    5. 性的虐待 認知、相談しにくさ訴え 幼少期に被害の柳谷さん講演 支援体制の充実求める 伊勢崎 /群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです