メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 毎日歌壇 投稿フォーム
    • 季語刻々 草の花擦りゆく山羊の乳房かな

       ◆今 ◇草の花擦(す)りゆく山羊(やぎ)の乳房かな 加納輝美 「草の花」は秋に咲く野山の草花の総称。句集「青嶺」(本阿弥書店)から引いたが、ヤギが動くたびに花…

      (2018年9月20日 03:28)

    • 季語刻々 敬老の日の後若き子規子の忌

       ◆昔 ◇敬老の日の後若き子規子の忌 相生垣瓜人(かじん) 今日は正岡子規の命日。子規忌、獺祭(だっさい)忌、糸瓜(へちま)忌などと呼ぶ。子規は34歳で他界した…

      (2018年9月19日 02:50)

    • 季語刻々 子規の忌のすこし厚めの麺麭とジャム

       ◆今 ◇子規の忌のすこし厚めの麺麭(パン)とジャム 津久井紀代 句集「神のいたづら」(ふらんす堂)から。作者は東京都武蔵野市に住む。正岡子規は健啖家(けんたん…

      (2018年9月18日 02:03)

    • 若山牧水 没後90年「牧水をうたう」 生誕地・日向で450人楽しむ /宮崎

       ◇寺迫小児童ら「尾鈴」朗詠 短歌オペラ「海の声」上演 1928(昭和3)年9月17日に43歳で他界した国民的歌人、若山牧水の生誕地・日向市の市中央公民館で16…

      (2018年9月17日 15:54)

    • 季語刻々 老愁のその一端の秋思かな

       ◆昔 ◇老愁のその一端の秋思かな 相生垣瓜人(かじん) 作者は1898年生まれ、浜松市を拠点に活躍、「相生垣瓜人全句集」(2006年)がある。今日の句、その全…

      (2018年9月17日 04:02)

    • 詩歌の森へ 人と言葉への信頼=酒井佐忠

       <母が家の寒紅梅をもらひきし>。山本洋子の最新句集『寒紅梅』(角川書店)の一句。母はとうにいないが、かつて母の家から根つきの紅梅の枝を切り、わが家の庭先に植え…

      (2018年9月17日 02:04)

    • 毎日歌壇 加藤治郎・選

      ◎特選◎ふりがなのようにちいさく蜩(ひぐらし)は夏の何処かに留まっている 柏市 望月万里葉【評】ふりがなは傍らにひっそり付いている。蜩の有り様そのものである。言…

      (2018年9月17日 02:04)

    • 短歌月評 呼び戻される記憶=加藤英彦

       残念なことに人間は忘れやすい生きものである。東日本大震災から七年半、私のなかでもあの日の記憶は薄れつつある。・わが裡のしづかなる津波てんでんこおかあさんごめん…

      (2018年9月17日 02:04)

    • 毎日歌壇 米川千嘉子・選

      ◎特選◎すがりたることも幾たびその膝に毛布を掛けて車椅子押す 神戸市 中林照明【評】母を介護している歌と解した。幼い時、心弱った時、その膝で泣いたこともあったの…

      (2018年9月17日 02:04)

    大岡信と戦後日本

    定型の窓から

    詩の橋を渡って

    詩歌の森へ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです