メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 毎日歌壇 投稿フォーム
    • 季語刻々

      摘みにゆくこの世の果のつくしんぼ

       ◆昔 ◇摘みにゆくこの世の果(はて)のつくしんぼ たむらちせい ちせいさんは高知県の中学校教師だった。熱血の教師という気配があった。俳句も熱心で、ある時期、彼…

    • 季語刻々

      生きる途中土筆を摘んでゐる途中

       ◆今 ◇生きる途中土筆(つくし)を摘んでゐる途中 鳥居真里子 今日は二十四節気の雨水、雪が雨になり、氷がとける時候だ。日あたりのよいところではツクシが顔を出し…

    • 季語刻々

      かかなべてキヤベツ玉巻く春は老ゆ

       ◆昔 ◇かかなべてキヤベツ玉巻く春は老ゆ 石塚友二 「かかなべて」は日数を重ねて。「古事記」にある言葉だ。「春は老ゆ」は春が深くなり、晩春に近づくこと。この句…

    • 季語刻々

      茹でやうか煮やうか焼こか春キャベツ

       ◆今 ◇茹(ゆ)でやうか煮やうか焼こか春キャベツ くにしちあき 句集「国境の村」(ふらんす堂)から。「焼こうか」とすると、前の二つの動作と同じ言い方になるが、…

    • 短歌月評

      名づけ得ぬものへ=加藤英彦

       私たちの周りは簡単にことばには変換できないものに満ちている。流しの奥の小さな闇や座っていた木椅子の温(ぬく)もりや、食べ残した野菜くずや朝の水たまりや、それら…

    • 詩歌の森へ

      角川俳句・短歌賞=酒井佐忠

       新年恒例の第65回角川俳句・短歌賞の授賞式が東京で行われた。今年は俳句・短歌それぞれの受賞者が二人、しかもその二人がいずれも対照的な作品だったことが話題になっ…

    • 毎日俳壇

      西村和子・選

      ◎特選◎あるもので済ます一日寒の雨 姫路市 板谷繁【評】「もの」は漠然としているが食糧であろうと想像がつく。季節や天候と折り合いをつける知恵。鮟鱇鍋ひとり欠けた…

    • 毎日俳壇

      鷹羽狩行・選

      ◎特選◎凍滝(いてたき)の丈いつぱいにつらら垂れ 東京 望月清彦【評】夏、滝しぶきで涼しかった大滝だが、そのしぶきがつららになって、寒さこの上なし。獅子舞の新米…

    • 毎日俳壇

      小川軽舟・選

      ◎特選◎葦焼けば川の蛇行のあらはなる 久慈市 和城弘志【評】蘆火(あしび)は秋の季語だが、この句は春先の野焼に類するものだろう。広大な風景が俯瞰(ふかん)できた…

    連載

    大岡信と戦後日本

    定型の窓から

    詩の橋を渡って

    詩歌の森へ

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

    2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

    3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

    4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

    5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです