メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 毎日歌壇 投稿フォーム
    • 点字毎日 点毎歌壇 嶋茂代・選

      ひぐらしの にぎやかに なり てしごとの おわりが みえて あせを ふきとる 松江市 小川幹雄 【評】さしもの暑さも和らいで、ほっと一息。健やかな日常のひとこま…

    • 季語刻々

      波越えて来しゆゑ甘きおけさ柿

       ◆今 ◇波越えて来しゆゑ甘きおけさ柿 波戸岡旭 おけさ柿は佐渡島の特産品だ。品種としては各地で栽培されている平核無(ひらたねなし)柿だが、民謡の佐渡おけさにち…

    • 季語刻々

      小鳥来て何やら楽しもの忘れ

       ◆昔 ◇小鳥来て何やら楽しもの忘れ 星野立子 小鳥と遊ぶ楽しさを率直に表現した句。もの忘れもまた楽しい、という気分になるのだ。もの忘れがひどくて、とか、人の名…

    • 季語刻々

      小鳥来て姉と名乗りぬ飼ひにけり

       ◆今 ◇小鳥来て姉と名乗りぬ飼ひにけり 関悦史 窓辺にやってきた小鳥が、私はあなたの姉よ、と名乗った。以来、その小鳥を飼うことになった。という句だが、姉という…

    • 季語刻々

      栗飯のまつたき栗にめぐりあふ

       ◆昔 ◇栗飯のまつたき栗にめぐりあふ 日野草城 さもしいのだが、栗飯を皆で食べる時、自分の茶わんと人のそれをとっさに見比べる。栗がどれに多いかを見るのだ。子ど…

    • 季語刻々

      栗飯のための栗剥くはかどらぬ

       ◆今 ◇栗飯のための栗剥(む)くはかどらぬ 山本一歩 山陰の城崎温泉。裏通りの理髪店をのぞくと、私と同年輩の男が包丁で栗をむいていた。それを見て、旅先で散髪を…

    • 季語刻々

      これ以上澄みなば水の傷つかむ

       ◆昔 ◇これ以上澄みなば水の傷つかむ 上田五千石 透明になった水がさらに澄むと、水は傷つくだろう、というのだが、この水の感覚、なんとなく分かる気がする。「上田…

    連載

    大岡信と戦後日本

    定型の窓から

    詩の橋を渡って

    詩歌の森へ

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

    3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

    4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

    5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです