メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近事片々

  • この期に及んで…

     この期に及んで判断の押し付け合いがあるとすれば、情けない限り。GoToトラベル、どうする首相と都知事。      ◇ この期に及んでもなお、バッジ外さぬとは。…

  • コロナ入院の急増で…

     コロナ入院の急増で、病床逼迫(ひっぱく)の懸念。感染の拡大抑止は「個人の努力だけに頼る段階は過ぎた」と分科会会長。      ◇ これを受けた「GoToトラベ…

  • やっと「現実」の世界に戻ったか…

     やっと「現実」の世界に戻ったか。トランプ氏、選挙人投票で敗北なら、ホワイトハウスを去る意向を表明。      ◇ コロナ対策、首相も「この3週間が極めて重要」…

  • 医療崩壊への切迫した危機感が伝わってくる…

     医療崩壊への切迫した危機感が伝わってくる。政府分科会からも、医師会からも。      ◇ にもかかわらず、なぜ「GoTo」見直しは小出しで、首相は記者会見もし…

  • 「桜を見る会」前夜祭の…

     「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)認めた前首相周辺。本人は知らぬこと、と。「秘書の責任」では済まされない。      ◇ 決断の遅れは否めない。大阪市と…

  • コロナ感染が急拡大…

     コロナ感染が急拡大。要人から発せられるメッセージはさまざまだ。      ◇ 「静かなマスク会食を」と首相。感染防止と経済活動を両立させるため、マスクをつけた…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです