メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近事片々

  • 「優勝候補」の重圧をはねのけた絶対の自信…

     「優勝候補」の重圧をはねのけた絶対の自信。たゆまぬ努力、二人三脚の師の支え。小平奈緒、36秒94の金字塔。      ◇ 大人の事情で出場認めたIOCも顔色な…

    (2018年2月19日 15:28)

  • 確かに…

     確かに。65歳はまだ若い。苦しい年金事情もあるけれど。健康で働ければ生きがいにも。これも「働き方改革」。      ◇ そうだろう。各地で広がる抗議行動。辞任…

    (2018年2月17日 15:29)

  • 優先すべきは国民の安全だろうに…

     優先すべきは国民の安全だろうに。危険人物でも合法的に買えた銃規制の抜け穴。米大統領はふさぐ気も見せず。      ◇ 数字を小さく見せたい厚労省の苦心の試算。…

    (2018年2月16日 15:26)

  • データの操作か偽装か…

     データの操作か偽装か。裁量労働制でも時短、という厚労省の調査。首相の強弁も通らず、答弁撤回の不始末。      ◇ 領土も道徳もと注文の多い学習指導要領案。主…

    (2018年2月15日 15:44)

  • 並ぶ笑顔に心和む…

     並ぶ笑顔に心和む。メダル掲げる3人と国民栄誉賞の盾を手にする2人。そこまでの道程にこそ目を向けたい。      ◇ 闇から闇へ? 流出仮想通貨ロシアの業者へ。…

    (2018年2月14日 15:23)

  • 4年前の悪夢から解放された高梨沙羅…

     4年前の悪夢から解放された高梨沙羅。8年間の思いがあふれた高木美帆。悔しさを力に変えた2人の涙の貴さ。      ◇ 無情の風に吹き飛ばされた努力もある。「次…

    (2018年2月13日 15:29)

  • 統一旗を掲げ、12年ぶりの合同入場行進…

     統一旗を掲げ、12年ぶりの合同入場行進。政治の影が色濃い中でも、五輪精神にふさわしい平和の祭典に。      ◇ その政治は神経戦。米副大統領は北朝鮮と接触せ…

    (2018年2月10日 15:12)

  • 北朝鮮の揺さぶりやロシアのドーピング問題…

     北朝鮮の揺さぶりやロシアのドーピング問題……。「技と美の競演」で、まつわる影を吹き飛ばす17日間に。      ◇ 猛威を振るうインフルにもかからず首相は平昌…

    (2018年2月9日 15:15)

  • ほほ笑みの裏では…

     ほほ笑みの裏では。北朝鮮が軍事パレード強行か。「平和の祭典」の開幕を控えて。      ◇ 「俺の方が強い」とでもツイートしそう。北朝鮮と核のボタンを競った米…

    (2018年2月8日 15:27)

  • 「色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います」…

     「色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います」。そう、まだ若いお二人。焦らずゆっくりと。幸せに向けて。      ◇ 待機児童は「越境入園」で対応と。広域で融通…

    (2018年2月7日 15:17)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島
  2. 五輪スケート 「奈緒の金は私の金」亡き住吉さん言葉に涙
  3. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
  4. 住吉都さん死去 小平悲痛な思い「心の支えになって」
  5. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです