メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲発

    • 春夏秋冬

       2008年11月から本紙朝刊社会面に連載した「週刊漢字 読めますか?」は、昨年12月25日で終わりました。終了後、それを惜しむ読者の声が次々と寄せられました。…

      (2018年02月15日 02:02)

    • 再思三省 第59回 使わなくなった「教授の退官」

      「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

      (2018年2月9日 14:04)

    • 再思三省 第58回 愚直って褒め言葉?

      「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

      (2018年1月16日 15:42)

    • 再思三省 第57回 総選挙の負の遺産

       「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつ…

      (2017年12月7日 12:55)

    • 再思三省 第56回 文化勲章、ノーベル賞――「じゅしょう」の季節に

      「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

      (2017年11月16日 15:18)

    • 春夏秋冬

       9月に文化庁が発表した、恒例の「国語に関する世論調査」(2016年度)。「存続するか滅亡するかの重大な局面」を表す時にどちらを使うかという質問で「存亡の機」を…

      (2017年11月04日 02:06)

    • 再思三省 第55回 足がこんがらがりそう

      「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

      (2017年10月18日 14:35)

    • 再思三省 第54回 何の容疑に問われたの?

      「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

      (2017年9月25日 12:15)

    • 再思三省 第53回 「以上」と「超」、紙一重の差にも注意

      「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづ…

      (2017年8月18日 15:32)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
    2. 千葉放火殺人 容疑者ら携帯で「火つけた」「死んだかも」
    3. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
    4. 南相馬中2女子自殺 「学校は真実話して」 父、無念語る
    5. 南相馬 中2女子が自殺…同級生からのいじめ訴え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです