メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

<恋ふらむ鳥は>飛鳥時代に活躍した歌人の額田王を主人公に、日本の礎が築かれた変革期の時代に迫ります。作・澤田瞳子さん、画・村田涼平さん。

  • /200 澤田瞳子 画 村田涼平

     再度、満面の笑顔を向けてから、額田(ぬかた)は大(おお)海人(あま)の側を離れた。入れ替わりに篝火(かがりび)の光の中に飛び出した官人には目もくれず、手近な軍…

  • /199 澤田瞳子 画 村田涼平

     先ほど以上にけたたましい笑いが、蒲生(がもう)野(の)を揺らす。湧き起こったやんやの喝采に応じるように、大(おお)海人(あま)は空の盃(さかずき)を大きく掲げ…

  • /198 澤田瞳子 画 村田涼平

     茜(あかね)に紫、紅、藍。墨に土針(つちはり)(黄緑)、橡(つるばみ)(紺黒)、縹(はなだ)(水色)。こうして胸の中で色を呟(つぶや)けば、それにふさわしい言…

  • /197 澤田瞳子 画 村田涼平

    「日のある間に蒲生(がもう)野(の)にお戻りになるためでしょう。汀(みぎわ)に近い街道を、いっさんに北から南へと駆けておられました。ただ、そんな方角に狩場はない…

  • /196 澤田瞳子 画 村田涼平

    「大田(おおた)が亡くなれば、讃良(さらら)は更に驕(おご)るだろう。さりとて大(おお)海人(あま)にそれを撓(たわ)められるとは思えぬし、大友(おおとも)はあ…

  • /195 澤田瞳子 画 村田涼平

    「孕(はら)み鹿だったゆえ、大田(おおた)のためにも捕らえたかったのだがな。まだ母鹿の胎(たい)におる仔(こ)鹿の肝は、万病に効くと聞いたゆえ」 葛城(かつらぎ…

  • /194 澤田瞳子 画 村田涼平

     まんじりともせぬまま夜を過ごして起き出せば、明るみ始めた空の下で、男たちがそれぞれの馬の背に鞍(くら)を置いている。狩りだけに挂甲(けいこう)草摺(くさずり)…

  • /193 澤田瞳子 画 村田涼平

    「そんなはずはないでしょう。私は背の君から聞いて、知っているのよ。そなたの目には、この世のすべてが濃淡ある墨色にしか映らぬのだと。そなたがいつも奇妙な色合わせの…

  • /192 澤田瞳子 画 村田涼平

    「そうよ。明日摘む薬草は、すべて父さまに奉らねばならぬのだもの。背の君の衣を染めるための茜草(あかねぐさ)を先に集めるぐらい、別に構わぬでしょう」 白く小さな五…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです