メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オコエ先輩越える 関東一「全国制覇を」

センバツ出場が決まり、村瀬主将(中央)を胴上げして喜ぶ関東一の選手たち=東京都江戸川区の同校で2016年1月29日、森田剛史撮影

 一足早い春の便りが32校に届いた。29日に毎日新聞大阪本社で開かれた第88回選抜高校野球大会の選考委員会で、一般選考29、21世紀枠3の出場校が決定した。

 昨夏に続く2季連続で甲子園出場を決めた関東一。夏4強の前チームは、プロ野球・楽天にドラフト1位で指名されたオコエを筆頭に、選手個々の能力が高いとされてきた。ベンチ入りしていた選手が2人しか残らず、文字通りの「新チーム」は、全員野球をモットーに昨秋の東京大会を制した。

 主将の村瀬は「投手を中心とした守りは、前チームと比べてもひけをとらない」と胸を張り、「東京の代表として1勝にこだわり、最終的に全国制覇を取れれば、と思う」と目を輝かせた。

 楽天・オコエ センバツも頑張って戦ってもらいたいですが、そこで得たものを夏の最後の甲子園という舞台に持って行き、自分たちの残した壁(ベスト4)を越えてもらいたいです。自分自身もしっかり頑張って応援します。

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

3月31日の試合

話題の記事

関連サイト